現在のオブジェクトで一定期間に生成されたアラート、トリガーされた症状、および発生した変更イベントは、タイムライン タブに表示されます。 タイムラインを使用して、環境内オブジェクトの現在の状態に寄与している、一定期間の一般傾向を識別できます。

トラブルシューティング タイムラインの仕組み

タイムライン表示には、選択したオブジェクトの過去 6 時間におけるアラート、症状、およびイベントが表示されます。 特定時点のデータを表示するには、タイムライン上の 3 つの階層のうちの 1 つをクリックしてから、マウス ポインタを左または右に移動します。マウスを左に移動すると過去のデータが表示され、マウスを右に移動すると現時点に戻ります。

ビューは、およそ 50 のアラート、症状、およびイベントに限定されます。タイムラインにこれ以上のデータが含まれる場合、ツールバー オプションを使用してタイムラインからデータを削除できます。これにより、調査に役立つと考えられるデータのみを含めることができます。

トラブルシューティング タイムラインを確認できる場所

左側のペインで、環境 をクリックして、グループ、アプリケーション、またはインベントリ オブジェクトを選択します。 トラブルシューティング タブをクリックして、タイムライン タブをクリックします。

表 1. タイムライン オプション

オプション

説明

影響

選択した場合、健全性、リスク、および効率のアラートがタイムラインに表示されます。

症状の表示

選択した場合、トリガーされたすべての症状がタイムラインに表示されます。

アラートが生成されていないアラートについてトリガーされた症状が表示されることがあります。症状がアラートに含まれていなくても、症状定義で定義された動作をオブジェクトが示すと、この症状が現れます。

イベント タイプの選択

アラートとトリガーされた症状を評価するためにイベントをタイムラインに追加します。アラートをトリガーした症状と同時に発生したイベントを追加することで、環境内でアラートの原因となったものが発生したかどうかを確認できます。

次のイベントの 1 つまたは複数をタイムラインに追加します。

  • 動的しきい値違反。動的しきい値とは、時間経過とともに追跡されるメトリックの正常な動作と異常な動作との境界を示す値です。メトリックがしきい値の上限または下限を超えると、vRealize Operations Manager によって異常が生成されます。このオプションを選択する場合、異常がタイムラインに追加されるため、アラートとの関連で異常を評価することができます。

  • 変更。変更イベントとは、監視対象システムに対する何らかの変更を指します。これには、オブジェクトに対する変更が含まれます。たとえば、オブジェクトの追加、削除、接続、切断や、オブジェクトの開始、停止、再構成です。このオプションを選択する場合、変更がタイムラインに追加されるため、アラートとの関連で変更を評価することができます。取得される変更は、監視対象システムを管理するアダプタによって異なります。

  • 障害。障害イベントとは、アラートの生成または症状のトリガーを含め、オブジェクトの問題の原因となった可能性がある、監視対象システムから取得されるイベントです。このオプションを選択する場合、障害がタイムラインに追加されるため、アラートとの関連で障害を評価することができます。取得される障害は、監視対象システムを管理するアダプタによって異なります。

ステータスの選択

ライムラインのアラートを、キャンセルされたアラートまたはアクティブなアラートに限定します。

重要度レベルの選択

ライムラインのアラートを、選択した重要度レベルのアラートに限定します。

自己イベントの表示

影響を受けるオブジェクトのアラートおよび症状を表示します。

これはデフォルトのタイムライン ビューです。先祖、子孫、およびピアのイベントと組み合わせて自己イベントを使用すると、アラートに寄与する子または親のイベントについてヒントが得られるタイムラインを作成することができます。

先祖イベントの表示

影響を受けるオブジェクトの先祖についてのアラートおよび症状を表示します。

先祖とは、オブジェクトの両親、祖父母などのことです。たとえば、ホストの先祖は、フォルダ、ストレージ ポッド、クラスタ、データ センター、および vCenter Server インスタンスです。

子孫イベントの表示

影響を受けるオブジェクトの子孫についてのアラートおよび症状を表示します。

子孫とは、オブジェクトの子および孫です。たとえば、ホストの子孫は、データストア、リソース プール、および仮想マシンです。

ピア イベントの表示

影響を受けるオブジェクト同様、オブジェクトに関するアラートおよび症状を表示します。

日付コントロール

タイムラインのアラートを、選択した時間枠に限定します。

タイムライン

アラートおよび症状を、時間、日、および週の 3 つの階層の経過時間で一連の行として表示します。

タイムラインをスクロールするには、3 階層のいずれかをクリックしてビューを左右にドラッグします。

症状の詳細を確認するには、症状を表す行をクリックします。関連付けられたアラート、先祖、子孫、またはピアのアラートの詳細に移動するには、アラートを表す行をクリックします。