サイレント インストールまたは完全なサイレント インストールを行うことで、Windows マシンに Endpoint Operations Management エージェントをインストールできます。

サイレント インストールと完全なサイレント インストールは、コマンド ライン インターフェイスからセットアップ インストーラの実行ファイルを使用して行います。

Windows のエージェント インストーラを実行する前に、Endpoint Operations Management または vRealize Hyperic エージェントが環境にインストールされていないことを確認してください。

次のパラメータを使用して、インストール プロセスをセットアップします。これらのパラメータの詳細については、Endpoint Operations Management エージェントのセットアップ プロパティの指定を参照してください。

注意:

Windows インストーラに指定したパラメータは、検証なしにエージェント構成に渡されます。誤った IP アドレスやユーザー認証情報を指定すると、Endpoint Operations Management エージェントは起動できません。

表 1. サイレント インストールのコマンド ライン パラメータ

パラメータ

必須/オプション

コメント

-serverAddress

FQDN/IP アドレス

必須

vRealize Operations Manager サーバの FQDN または IP アドレス

-username

文字列

必須

-securePort

任意

デフォルトは 443

-password

文字列

必須

-serverCertificateThumbprint

文字列

必須

vRealize Operations Manager サーバ証明書のサムプリント。証明書のサムプリントは、たとえば -serverCertificateThumbprint "31:32:FA:1F:FD:78:1E:D8:9A:15:32:85:D7:FE:54:49:0A:1D:9F:6D" のように引用符で囲む必要があります。

インストール プロセスの他のさまざまな属性を定義するパラメータが使用できます。

表 2. サイレント インストールのその他のコマンド ライン パラメータ

パラメータ

デフォルト値

コメント

/DIR

C:\ep-agent

インストール パスの指定。インストール パスにスペースは使用できません。/DIR コマンドとインストール パスは、たとえば /DIR=C:\ep-agent のように等号でつなぐ必要があります。

/SILENT

なし

サイレント インストールを実行する指定。サイレント インストールでは、進捗ウィンドウだけが表示されます。

/VERYSILENT

なし

完全なサイレント インストールを実行する指定。完全なサイレント インストールでは、進捗ウィンドウは表示されません。ただし、無効にしていなければ、開始プロンプトと同じように、インストールのエラー メッセージは表示されます。