すべてのメトリック タブには、関係マップおよびユーザー定義のメトリック チャートがあります。トポロジ マップは、オブジェクトを環境トポロジ内での位置に照らして評価するのに役立ちます。メトリック チャートは、環境内の問題の考えられる原因を特定するのに役立つと考えられる選択オブジェクトのメトリックに基づいています。

たとえば、ホスト システムなどの 1 つのオブジェクトの問題を調査しているかもしれませんが、関係マップを使用すると、親オブジェクトおよび子オブジェクトのコンテキストでホストを確認できます。また、階層ナビゲーション システムとしても機能します。マップ内でオブジェクトをダブルクリックすると、そのオブジェクトがマップでフォーカスされ、そのオブジェクトの使用可能なメトリックが左下のペインでアクティブになります。

独自のメトリック チャートのセットを作成することもできます。オブジェクトおよびメトリックを選択して、1 つのオブジェクトまたは関連する複数のオブジェクト用のさまざまなメトリックへの変更のより詳細なビューを経時的に得られるようにします。

可能であれば、タブには事前定義されたメトリック セットが表示され、オブジェクトの特定の側面について検討するのに役立ちます。メトリックは、選択したオブジェクトに最も関連のあるグループに編成され、最も適切なメトリックが表示されます。たとえばホストの場合、メトリックは CPU、メモリ、ネットワーク、ストレージごとに表示されます。