ユーザー アカウントを vRealize Operations Manager にインポートする際は、ユーザー グループにユーザー アカウントを割り当て、ロールを割り当て、各ロールの割り当て時にユーザー アカウントがアクセスできるオブジェクトを指定します。

インポートしたユーザー アカウントにグループ、ロール、オブジェクトを割り当てる場所

インポートしたユーザー アカウントにグループ、ロール、オブジェクトを割り当てるには、管理 > アクセス コントロール を選択し、[ユーザー アカウント] ツールバーの ユーザーのインポート アイコンをクリックします。

表 1. [アクセス コントロール] [ユーザーのインポート] ワークスペース - [グループと権限の割り当て] ページ

グループ、ロール、オブジェクトの割り当てオプション

説明

グループ

ユーザー アカウントに関連するグループを選択または選択解除します。すべてのアカウントを選択または選択解除するには、グループ名 チェック ボックスを選択します。LDAP からインポートされたグループには、ユーザー アカウントを追加できません。

オブジェクト

ロールの選択 ドロップダウン メニューでロールを選択または選択解除します。ロールを選択したら、このロールをユーザーに割り当てます チェック ボックスをクリックします。ユーザー アカウントには複数のロールを割り当てることができます。

このロールが割り当てられたときにユーザーがアクセスできるオブジェクトを選択します。

  • [オブジェクト階層の選択]:オブジェクトのグループを表示します。このリストでオブジェクトを選択すると、階層内のすべてのオブジェクトが選択されます。

  • [オブジェクトの選択]:オブジェクト階層内の特定のオブジェクトを選択するには、下矢印をクリックしてオブジェクトのリストを展開します。たとえば、アダプタ インスタンス階層を展開して、1 つまたは複数のアダプタを選択します。

  • システムのすべてのオブジェクトへのアクセスを許可:ユーザー アカウントにシステム内のすべてのオブジェクトへのアクセスを許可するには、このチェック ボックスを選択します。