仮想インフラストラクチャ管理者は、顧客の苦情およびアラートに対応し、環境内のオブジェクトで発生した問題を特定します。シンプトム タブの情報を参考にして、トリガしたシンプトムが、レポートまたは特定された問題に寄与する条件を示すかどうかを判定します。

このタスクについて

顧客からレポートされた仮想マシンのパフォーマンス低下の問題について調査する必要があります。仮想マシンの アラート タブで表示されるアラートは、仮想マシンは、vSphere セキュリティ強化ガイドのリスク プロファイル 1 に違反していますのみです。

仮想マシンの 分析 タブでは、メモリとディスク領域で問題が発生していることを特定しました。ここでは、仮想マシンでトリガしたシンプトムに注目します。

シンプトム タブを使用して問題を評価する次の方法は、vRealize Operations Manager を使用するための例として示されるものであり、確定的なものではありません。環境の特定の側面に関するトラブルシューティング スキルや知識により、どの方法が有効か判断してください。

手順

  1. vRealize Operations Manager のメイン タイトル バーで、検索 テキスト ボックスに仮想マシンの名前を入力します。

    この例では、仮想マシンの名前は sales-10-dk です。

  2. 仮想マシンを選択した状態で、トラブルシューティング タブをクリックし、シンプトム タブをクリックします。
  3. トリガしたシンプトムを確認し、評価します。

    オプション

    評価プロセス

    症状

    トリガーされたシンプトムのいずれかが、メモリまたはディスク領域で確認したクリティカルな状態に関連しているか。

    ステータス

    シンプトムはアクティブであるか、非アクティブであるか。非アクティブのシンプトムであっても、オブジェクトの過去の状態についての情報を得られます。非アクティブのシンプトムを追加するには、ツールバーの ステータス:アクティブ をクリックしてフィルタを削除します。

    作成日時

    シンプトムがトリガしたのはいつか。トリガしたシンプトムの時期は、他のシンプトムとどのように比較できるか。

    詳細情報

    トリガーされたシンプトムと残り時間および残りキャパシティ バッジの状態との間の相関を特定できるか。

タスクの結果

確認作業によって、トリガしたシンプトムがvSphere セキュリティ強化ガイドに定義された仮想マシンのコンプライアンス アラートに関連するかどうかを特定します。vRealize Operations Manager に付属するコンプライアンス リスク プロファイルの 1 つであるvSphereセキュリティ強化ガイドというアラートに対して、違反シンプトムがトリガしました。

仮想マシンは、vSphere セキュリティ強化ガイドのリスク プロファイル 1 に違反していますというコンプライアンス アラートで次のシンプトムがトリガしました:

  • 独立型の読み取り専用ディスクが使用されています

  • 自動ログオン機能が有効です

  • コピー/貼り付け操作が有効です

  • 権限がないユーザーとプロセスが、デバイスの削除、接続、および変更を実行できます

  • ゲストはホスト情報を受信できます

メモリおよび残り時間に関連する他のシンプトムもトリガしました。

  • ゲスト ファイル システムの全体的なディスク領域使用量がクリティカル限界に到達しています

  • 仮想マシンのディスク領域の残り時間が少なくなっています

  • 仮想マシンの CPU の残り時間が少なくなっています

  • ゲスト パーティションのディスク領域の使用量

  • 仮想マシンのメモリの残り時間が少なくなっています

次のタスク

タイムライン上のオブジェクトのシンプトムを確認します。仮想マシンの問題をトラブルシューティングする際、タイムラインのシンプトムを比較する を参照してください。

vSphereセキュリティ強化ガイドについては、http://www.vmware.com/security/hardening-guides.html を参照してください。