オブジェクト リスト ウィジェットには、環境内で使用可能なオブジェクトのリストが表示されます。

オブジェクト リスト ウィジェットと構成オプションの動作

オブジェクト リスト ウィジェットでは、データ グリッドにインベントリ内のオブジェクトが表示されます。データ グリッドのデフォルト構成が、オブジェクト リスト ウィジェットのオプション セクションに表示されます。デフォルト列を追加または削除することで、構成をカスタマイズできます。ウィジェットを構成するとき、追加の列 オプションを使用して、メトリックを追加できます。

オブジェクト リスト ウィジェットは、ダッシュボードに追加してから編集します。ウィジェットを構成することで、親および子オブジェクトを表示できます。同一ダッシュボードにある別のオブジェクト リスト ウィジェットやオブジェクト関係ウィジェットなどの、別のウィジェットで選択されたオブジェクトの子オブジェクトを表示するようにウィジェットを構成できます。

オブジェクト リスト ウィジェットと構成オプションを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、コンテンツ > ダッシュボード の順にクリックします。ダッシュボード ツールバーで、追加 アイコンをクリックしてダッシュボードを追加するか、編集 アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で ウィジェット リスト をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

オブジェクト リスト ウィジェットのツールバーとデータグリッド オプション

オブジェクト リスト ウィジェットにはツールバー オプションが含まれます。

オプション

説明

操作

各オブジェクトに特有の一連の操作から選択します。使用可能な操作を表示するには、オブジェクトのリストからオブジェクトを選択し、ツールバー アイコンをクリックして、操作を選択します。たとえば、グラフでデータストア オブジェクトを選択すると、データストアの使用されていないスナップショットの削除 を選択します。

ダッシュボードのナビゲーション

オブジェクトに移動します。たとえば、オブジェクトのリストからデータセンターを選択し、ダッシュボード ナビゲーション をクリックすると、vSphere Web Client でそのデータストアを開くことができます。

グリッド ソートのリセット

リソースのリストを元の順番に戻します。

相互作用のリセット

ウィジェットを最初に構成された状態に戻し、提供ウィジェットで選択された相互作用を取り消します。

通常、相互作用は同じダッシュボード内のウィジェット間で発生しますが、別のダッシュボードのウィジェット間で相互作用を構成することもできます。

オブジェクト詳細

オブジェクトを選択し、このアイコンをクリックすると、そのオブジェクトの [オブジェクト詳細] ページが表示されます。

複数選択の相互作用の実施

ウィジェットが、ダッシュボード上の別のウィジェットへの提供者となっている場合は、複数の行を選択してこのボタンをクリックできます。受け取り側のウィジェットでは、選択した相互作用の項目に関連するデータのみが表示されます。

Ctrl キーを押しながらクリック (Windows の場合)するか、Cmd キーを押しながらクリック(Mac OS X の場合)して個別のオブジェクトを複数選択するか、Shift キーを押しながらクリックしてオブジェクトの範囲を選択してからこのアイコンをクリックすると、相互作用が有効になります。

フィルター基準の表示

このウィジェットの基になっているオブジェクト情報が表示されます。

フィルタ

ウィジェットのデータを特定します。

データ グリッドには、並べ替えおよび検索できるインベントリ オブジェクトのリストが表示されます。

オプション

説明

ID

インベントリ内の各オブジェクトに指定された一意の ID。vRealize Operations Managerにより、ランダムに生成されます。

名前

インベントリ内のオブジェクトの名前。

説明

オブジェクトの作成時に指定された、オブジェクトに関する簡単な説明を表示します。

アダプタ タイプ

各オブジェクトのアダプタ タイプを表示します。

オブジェクト タイプ

インベントリ内のオブジェクトのタイプを表示します。

ポリシー

オブジェクトに適用されるポリシーを表示します。ポリシーの詳細を表示して、ポリシーの構成を作成するには、管理 > ポリシー を選択します。

作成時間

インベントリ内にオブジェクトが作成されたときの日時とタイム ゾーンを表示します。

識別子 1

インベントリ オブジェクトのタイプに応じて、インベントリ内のオブジェクトのカスタム名、またはデフォルトの一意の識別子を含めることができます。たとえば、インベントリ内の仮想マシンには My_VM_1、vRealize Operations Managerノードには 64 ビットの 16 進数値を指定します。

識別子 2

オブジェクトのタイプに応じて、オブジェクト タイプの短縮形と一意の 10 進数値、または親インスタンスを含めることができます。たとえば、仮想マシンには vm-457、vRealize Operations Managerノードには IP アドレスを指定します。

識別子 3

アダプタ タイプを識別するための一意の番号を含めることができます。たとえば、vCenter Adapterには 64 ビットの 16 進数値を指定でします。

識別子 4

オブジェクトの補足的な一意の識別子。このオプションは、オブジェクトで使用されるアダプタ タイプによって異なります。

識別子 5

オブジェクトの補足的な一意の識別子。このオプションは、オブジェクトで使用されるアダプタ タイプによって異なります。

オブジェクト フラグ

各オブジェクトのバッジ アイコンを表示します。バッジをポイントすると、ステータスが表示されます。

収集状態

各オブジェクトのアダプタ インスタンスの収集状態を表示します。状態アイコンをポイントすると、アダプタ インスタンスの名前およびアダプタ インスタンスの状態をツールチップに表示できます。アダプタ インスタンスを管理して、データの収集を開始および終了するには、管理 > インベントリ エクスプローラ を選択します。

収集ステータス

各オブジェクトのアダプタ インスタンスの収集ステータスを表示します。ステータス アイコンをポイントすると、アダプタ インスタンスの名前およびアダプタ インスタンスのステータスをツールチップに表示できます。アダプタ インスタンスを管理して、データの収集を開始および終了するには、管理 > インベントリ エクスプローラ を選択します。

内部 ID

オブジェクトを内部で識別するためにvRealize Operations Managerが使用する一意の番号。たとえば、内部 ID は、トラブルシューティングに使用するログ ファイルに表示されます。

オブジェクト リスト ウィジェットの構成オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

モード

ダッシュボードで、ウィジェットの セルフ、または モードを選択できます。たとえば、1 つのダッシュボードに Object List 1 および Object List 2 という名前の 2 つのオブジェクト リスト ウィジェットを追加できます。ダッシュボードを編集する際に ウィジェットの相互作用 オプションで、Object List 1 を送信側、Object List 2 を受信側として構成できます。Object List 2 がセルフ モードにあるときに Object List 1 でオブジェクトを選択すると、Object List 2 には選択したオブジェクトの情報のみが表示されます。Object List 1 に親モード、Object List 2 に子モードを選択すると、Object List 2 ウィジェットには、Object List 1 で選択するオブジェクトの子オブジェクトのみが表示されます。たとえば、Object List 1 でホスト システムを選択すると、Object List 2 ウィジェットには、そのホスト上のすべての仮想マシンが表示されます。

最初の行を自動選択

データの最初の行から開始するかどうかを決定します。

フィルタリングするタグの選択

表示するオブジェクトを、オブジェクト ツリーから選択します。たとえば、インベントリ内の仮想マシンと vCenter Serverに関する情報を表示するには、すべて折りたたむ をクリックし、オブジェクト タイプ の下にある 仮想マシンvCenter Server を選択する必要があります。

追加の列

データ グリッドに、各オブジェクトに固有のメトリックが設定された列を追加します。

メトリックを追加するには、メトリックの選択 をクリックして、[オブジェクト タイプがあるメトリックの選択] ダイアログ ボックスに移動します。オブジェクト タイプで使用可能なメトリックを調べてメトリックを選択できます。

  • [オブジェクト タイプ] ペイン:オブジェクト タイプのツリーからオブジェクト タイプを選択するのに使用します。メトリック ピッカー ツリーのメトリックは、選択するオブジェクト タイプによって異なります。

  • [アダプタ タイプ] ペイン:オブジェクトで使用されるアダプタを基準にして、リスト内のオブジェクトをフィルタリングするのに使用します。デフォルトでは、すべての使用可能なアダプタ タイプが選択されます。ドロップダウン メニューを使用して、特定のタイプを選択できます。ドロップダウンの隣にある閉じるアイコンを使用して、すべてのアダプタを選択できます。

  • メトリック ピッカー:表示する 1 つまたは複数のメトリックを選択するのに使用します。メトリック リストは、各オブジェクトのタイプとインスタンスに応じて異なります。選択した各メトリックは、[選択されたメトリック] データ グリッドに追加されます。

  • 複数選択の相互作用の実施:メトリック ツリーから複数のメトリックを選択するのに使用します。

  • オブジェクトの選択:オブジェクトを選択して、メトリックをピックするのに使用します。

  • 選択されたメトリック:選択されたメトリックの削除、ソート、並べ替え、およびデータ グリッド列の操作を実行するのに使用します。