環境内のオブジェクトに関する問題をvRealize Operations Managerで特定し、問題とみなされる条件が満たされた場合にアラートをトリガするため、アラートおよび症状の定義を有効または無効にできます。アラートは自動化できます。

[アラート/シンプトム定義] ワークスペースの仕組み

vRealize Operations Managerでは、オブジェクトのデータが収集され、収集されたデータが、そのオブジェクト タイプのアラートの定義および症状の定義と比較されます。アラートの定義には、関連付けられた症状の定義が含まれ、属性、プロパティ、メトリック、イベントに関する条件が特定されます。

選択するベース ポリシーからアラートの定義を継承するローカル ポリシーを構成したり、ローカル ポリシーのアラートの定義と症状の定義をオーバーライドしたりできます。

ポリシーのアラートの定義およびシンプトムの定義を追加またはオーバーライドする前に、使用可能なアラートとシンプトムについて理解しておく必要があります。

  • 使用可能なアラートの定義を表示するには、内容 を選択し、アラートの定義 をクリックします。

  • 使用可能な症状の定義を表示するには、内容 を選択し、症状の定義 をクリックします。 症状の定義は、メトリック、プロパティ、メッセージ、障害、早期警告スマート アラート、および外部イベントで使用できます。

有効または無効になっている問題とシンプトムの件数の概要、および基本ポリシーと比較したときの問題とシンプトムの変化の違いは、ポリシー ワークスペースの [分析設定] ペインに表示されます。

アラートの定義および症状の定義をオーバーライドする場所

ポリシーのアラートの定義および症状の定義をオーバーライドするには、管理 を選択し、ポリシー をクリックして、ポリシー ライブラリ タブをクリックし、プラス記号をクリックしてポリシーを追加するか、鉛筆アイコンをクリックしてポリシーを編集します。 [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースの左側で、アラート/シンプトム定義 をクリックします。ワークスペースに定義が表示されます。

ポリシーのアラートの定義および症状の定義

ポリシーごとに、アラートの定義および症状の定義をオーバーライドできます。