仮想マシンのトラブルシューティング ダッシュボードを使用して、単一の仮想マシンのパフォーマンスの問題を解決します。

ダッシュボード ウィジェットはさまざまな使い方ができます。

  • トラブルシューティングする VM を検索する:環境内のすべての仮想マシンを表示します。トラブルシューティングを行う仮想マシンを選択できます。名前、フォルダ名、関連するタグ、ホスト、vCenter Server など、フィルタを使用して複数のパラメータでリストを絞り込めます。トラブルシューティングを行う仮想マシンを見つけたら選択します。ダッシュボードに関連データが自動的に表示されます。

  • 仮想マシンについて:仮想マシンのコンテキストを知ることができます。このウィジェットでは、問題の根本原因の分析や可能な緩和策に関する洞察も得られます。

  • クリティカル アラートが存在するかどうか:クリティカル アラートを表示します。クリティカル以外のアラートを見るには、仮想マシン オブジェクトをクリックします。

  • 関連オブジェクト:現在仮想マシンを実行している ESXi ホストを表示します。このホストは、過去に仮想マシンが実行していた ESXi ホストでない場合があります。その他の関連オブジェクトを表示して、問題に関連していないかどうか見ることができます。

  • 仮想マシンのデマンドの急増またはアノマリがあるかどうか:CPU、メモリ、ネットワークなどのリソースに対する仮想マシン要求のピークを確認します。要求のピークは、仮想マシンの異常な動作や、仮想マシンのサイズが過小であることを示す場合があります。メモリ使用率は、ゲスト OS メトリックをもとにしています。VMware Tools 10.0.0 以降と vSphere 6 Update 1 以降が必要です。これらの製品がない場合、メトリックは空白になります。

  • 仮想マシンの競合が発生しているかどうか:仮想マシンに競合が発生しているかどうかを確認します。仮想マシンに競合が発生している場合、基盤インフラストラクチャに仮想マシンのニーズに応える十分なリソースがないことが考えられます。

  • 親クラスタに競合があるかどうかクラスタ内の仮想マシンの最大 CPU 競合のトレンドを表示します。このトレンドは、クラスタ内で絶えず続く競合を示す場合があります。競合がある場合は仮想マシンの問題ではないので、クラスタの問題を解決する必要があります。

  • 親データストアに遅延があるかどうか:データストア レベルの遅延と仮想マシン全体の遅延を相関させることができます。仮想マシンに遅延のスパイクがあり、データストアにピークが見られない場合は、仮想マシンの問題である可能性があります。またデータストアに遅延があれば、トラブルシューティングを行ってデータストアでピークが発生した原因を見つけることができます。

  • 親ホスト/親クラスタ:これらのウィジェットで、仮想マシンが存在するホストとクラスタを表示します。