vRealize Operations Managerでは、将来的に IPv4 から置き換わることになるネットワーク アドレス指定規則である Internet Protocol version 6 (IPv6) をサポートしています。vRealize Operations Managerで IPv6 を使用するには、いくつかの制約を守る必要があります。

IPv6 の使用

  • リモート コレクタを含めたすべてのvRealize Operations Managerクラスタ ノードが IPv6 アドレスを持つ必要があります。IPv6 と IPv4 の混在はできません。

  • リモート コレクタを含めたすべての vRealize Operations Managerクラスタ ノードが vApp または Linux ベースであることが必要です。

  • グローバル IPv6 アドレスのみを使用してください。リンクローカル アドレスはサポートされません。

  • DHCP を使用しているノードがある場合は、DHCP サーバが IPv6 をサポートするよう構成されていることが必要です。

  • DHCP がサポートされるのはデータ ノードとリモート コレクタのみです。マスタ ノードとレプリカ ノードには引き続き固定アドレスが必要です。また、IPv4 についても同様です。

  • DNS サーバが IPv6 をサポートするよう構成されていることが必要です。

  • ノードをクラスタに追加する場合は、マスタ ノードの IPv6 アドレスを必ず入力してください。

  • VMware vCenter インスタンスを vRealize Operations Manager内で登録する場合、vCenter も IPv6 を使用している場合は、VMware vCenter Server システムの IPv6 アドレスを角括弧で囲んでください。

    例:[2015:0db8:85a3:0042:1000:8a2e:0360:7334]

    vRealize Operations Managerが IPv6 を使用している場合でも、vCenter Server が引き続き IPv4 アドレスを持っている可能性があることにご注意ください。その場合、vRealize Operations Managerに角括弧は不要です。

  • IPv4 と IPv6 をともにサポートする環境へEndpoint Operations Managementエージェントを登録することはできません。登録を試みると、次のメッセージが表示されます。

    「Connection failed.Server may be down (or wrong IP/port were used).Waiting for 10 seconds before retrying.」