vRealize Operations Manager には、製品ソフトウェアの更新を集中管理できるページが含まれています。

ソフトウェアの更新の仕組み

[ソフトウェアの更新] オプションでは、vRealize Operations Manager 製品の更新をインストールできます。

ソフトウェアの更新を確認できる場所

vRealize Operations Manager 管理インターフェイス (https://master-node-name-or-ip-address/admin) にログインします。左側の [ソフトウェアの更新] をクリックします。

ソフトウェアの更新オプション

このオプションには、更新 PAK ファイルを検索しインストールを開始するウィザードと、更新のリストおよびそのインストール先となる vRealize Operations Manager クラスタ ノードのリストが含まれます。

表 1. ソフトウェアの更新オプション
オプション 説明
ソフトウェアのアップデートのインストール ウィザードを起動すると、ライセンスを検索して同意し、vRealize Operations Manager ソフトウェア更新のインストールを開始できます。
ノード名 更新がインストールされるノードのマシン名
ノード IP アドレス 更新がインストールされるノードのインターネット プロトコル(IP)アドレス。マスター ノードおよびレプリカ ノードには、静的 IP アドレスが必要です。データ ノードでは、DHCP または静的 IP を使用する場合があります。
更新手順 ソフトウェア更新の進捗状況は、手順 x/y の形式で示されます。
ステータス ソフトウェア更新の状況(成功、失敗、処理中、不明)