vRealize Operations Manager で生成されたアラートがアラート リストに表示されます。アラート リストは、環境内の問題の調査、解決、およびトラブルシューティングの開始に使用できます。

始める前に

このタスクについて

このシナリオでは、「仮想マシンに予期しない高い CPU ワークロードがかかっています」というアラートを調べて解決します。このアラートは複数の仮想マシンに関して生成される可能性があります。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。
  2. 左側のペインで、健全性 アラート リストをクリックします。
  3. リストを仮想マシン アラートに制限するには、ツールバー上の すべてのフィルタ をクリックします。
    1. ドロップダウン メニュー内の オブジェクト タイプ を選択します。
    2. テキスト ボックスに virtual machine と入力します。
    3. OK をクリックします。

    アラート リストに、仮想マシンに起因するアラートだけが表示されます。

  4. 名前でアラートを見つけるには、クイック フィルタ(名前) テキスト ボックスに high CPU workload と入力します。
  5. リスト内で、「仮想マシンに予期しない高い CPU ワークロードがかかっています」というアラート名をクリックします。

    生成されたアラートと影響を受けるオブジェクトの アラートの詳細の概要 タブが表示されます。

  6. 概要 タブの情報を確認します。

    オプション

    評価プロセス

    アラートの説明

    アラートについてよく理解するため、説明を確認します。

    推奨

    1 つ以上の推奨を実行することによってアラートが解決されると思いますか?

    問題の原因は何でしょうか?

    トリガーされたシンプトムはこれらの推奨をサポートしますか? 他のトリガーされたシンプトムがこの推奨と矛盾しており、さらに調査が必要だということを示していますか?

    この例では、トリガーされたシンプトムは、仮想マシン CPU デマンドがクリティカル レベルにあるということと、仮想マシンのアノマリが上昇し始めているということを示しています。

    トリガーされていないシンプトム

    アラートの中には、すべてのシンプトムがトリガーされるときにのみ生成されるものがあります。また、シンプトムのうちのどれか 1 つがトリガーされるときに生成されるように構成されているアラートもあります。トリガーされていないシンプトムが存在する場合は、トリガーされたアラートの状況に応じてそれらを評価します。

    トリガーされていないシンプトムはこれらの推奨をサポートしますか? トリガーされていないシンプトムはこれらの推奨が有効ではないということと、さらに調査が必要だということを示していますか?

  7. 推奨に基づいてアラートを解決してゲスト アプリケーションをチェックし、高い CPU ワークロードが正常な動作であるかどうかを確認するには、中央のペインのツールバー上の アクション メニューをクリックし、vSphere Client で仮想マシンを開く を選択します。
    1. 自分の vSphere 認証情報を使用して vCenter Server インスタンスにログインします。
    2. 仮想マシンのコンソールを起動し、どのゲスト アプリケーションが CPU リソースを消費しているかを確認します。
  8. 推奨に基づいてアラートを解決してこの仮想マシンに対する CPU キャパシティを増やすには、仮想マシン用 CPU 数の設定 をクリックします。
    1. 新しい CPU テキスト ボックスに新しい値を入力します。

      表示される値は、計算された推奨サイズです。vRealize Operations Manager が仮想マシンを 6 時間以上監視していた場合、環境によっては値として CPU 推奨サイズのメトリックが表示されることがあります。

    2. 次のオプションを選択し、仮想マシンがどのように構成されているかに応じて、パワーオフを許可するかまたはスナップショットを作成します。

      オプション

      説明

      パワーオフ可

      値の変更前に仮想マシンをシャットダウンまたはパワーオフします。VMware Tools がインストールされ実行されていると、仮想マシンはシャットダウンされます。VMware Tools がインストールされていないか実行されていない場合は、オペレーティング システムの状態にかかわらず、仮想マシンはパワーオフされます。

      アクションによって仮想マシンがシャットダウンされるかパワーオフされるかのほかに、オブジェクトがパワーオン状態であるかどうかと、適用される設定を検討する必要があります。

      スナップショット

      CPU を追加する前に、仮想マシンのスナップショットを作成します。

      CPU のホット プラグが有効な状態で CPU を変更した場合、仮想マシンの実行中にスナップショットが作成され、より多くのディスク領域が消費されます。

    3. OK をクリックします。

    このアクションによって、推奨されている数の CPU がターゲット仮想マシンに追加されます。

  9. 推奨されている変更を実施した後でいくつかの収集サイクルが実行されるようにし、アラート リストをチェックします。

次のタスク

収集サイクルがいくつか実行された後アラートが再び表示されることがない場合、そのアラートは解決されています。再び表示される場合は、トラブルシューティングをさらに行う必要があります。アラートに対応するその他のトラブルシューティング方法については、ユーザー シナリオ:受信箱にアラートが到着した場合を参照してください。