vRealize Operations Managerを展開するときに監視対象のオブジェクトの数と性質が複雑になることがあり、この場合はプロフェッショナル サービス契約を推奨します。

複雑性レベル

システムの観点で見ると、すべての企業には異なるシステムがあり、人員配置の経験レベルも異なります。以下の表に、自身が複雑性の尺度のどこに位置しているかを判断することに役立つ、色分けしたガイドを示します。

  • インストールに含まれている条件は、ほとんどのユーザーが理解できて、補助なしに作業ができるものだけです。展開を続行してください。

  • 黄色

    インストールには、ユーザーの経験レベルによっては、展開の支援が妥当と考えられる条件が含まれます。続行する前に、担当者に相談して、プロフェッショナル サービスの使用を検討してください。

  • インストールには、プロフェッショナル サービス契約を強く推奨する条件が含まれています。続行する前に、担当者に相談して、プロフェッショナル サービスの使用を検討してください。

これらの色分けされたレベルは、厳格なルールではありません。vRealize Operations Managerの展開時には、製品の経験を考慮する必要がありますが、vRealize Operations Manager を使用するにつれて、またプロフェッショナル サービスと連携することで、製品の経験を積むことができます。

表 1. 複雑性に影響する展開条件

複雑性レベル

現在または新規の展開条件

補足事項

1 つの vRealize Operations Managerデプロイのみを実行しています。

通常、1 つだけのインスタンスは vRealize Operations Managerでの作成が容易です。

展開には、VMware Solutions Exchange Web サイトの互換性ガイドでは緑にリストされる管理パックが含まれています。

互換性ガイドには、vRealize Operations Managerのサポート対象の管理パックが、互換性がある 5.x の管理パックか、このリリースのために設計された新しい管理パックかが示されています。場合によっては、両方の管理パックが機能しても結果は異なることがあります。いずれにせよ、関連付けられたデータ、ダッシュボード、アラートなどが期待どおりに表示されるよう、ユーザーには構成を調整するための支援が必要な場合があります。

ソリューション管理パックアダプタ、およびプラグインという用語は、ほとんど区別せずに使用されていることに注意してください。

黄色

vRealize Operations Managerの複数のインスタンスを実行しています。

複数のインスタンスは、通常、拡張や演算子の使用パターンに対処するために使用されます。

黄色

展開には、VMware Solutions Exchange Web サイトの互換性ガイドでは黄色にリストされる管理パックが含まれています。

互換性ガイドには、vRealize Operations Managerのサポート対象の管理パックが、互換性がある 5.x の管理パックか、このリリースのために設計された新しい管理パックかが示されています。場合によっては、両方の管理パックが機能しても結果は異なることがあります。いずれにせよ、関連付けられたデータ、ダッシュボード、アラートなどが期待どおりに表示されるよう、ユーザーには構成を調整するための支援が必要な場合があります。

黄色

vRealize Operations Managerリモート コレクタ ノードを展開しています。

リモート コレクタ ノードはデータを収集しますが、データの保存と処理は分析クラスタに任せます。

黄色

複数ノードの vRealize Operations Managerクラスタを展開しています。

複数ノードは、通常、vRealize Operations Managerの監視機能をスケール アウトするために使用されます。

黄色

新しい vRealize Operations Managerインスタンスには、Linux ベースの展開が含まれます。

Linux の展開は、vApp の展開ほど一般的ではなく、多くの場合、特別な考慮が必要になります。

黄色

vRealize Operations Managerインスタンスは、高可用性 (HA) を使用します。

高可用性とそのノード フェイルオーバー機能は、複数ノードの独特な機能で、理解する際にさらに支援を必要とする場合があります。

黄色

vRealize Operations Managerの新機能や変更された機能および環境内でのそれらの使用法を理解するうえで支援が必要です。

vRealize Operations Managerは、ポリシー、アラート、コンプライアンス、カスタム レポート、バッジなどの領域が vCenter Operations Manager とは異なっています。さらに、vRealize Operations Managerは 1 つの統合されたインターフェイスを使用します。

複数の vRealize Operations Managerインスタンスを実行し、そのうちの少なくとも 1 つには仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) が含まれています。

複数のインスタンスは、通常、拡張や演算子の使用パターンに対処するために使用されます。そうでない場合は、個別の VDI (V4V 監視)と非 VDI インスタンスが必要です。

展開には、VMware Solutions Exchange Web サイトの互換性ガイドでは赤にリストされる管理パックが含まれています。

互換性ガイドには、vRealize Operations Managerのサポート対象の管理パックが、互換性がある 5.x の管理パックか、このリリースのために設計された新しい管理パックかが示されています。場合によっては、両方の管理パックが機能しても結果は異なることがあります。いずれにせよ、関連付けられたデータ、ダッシュボード、アラートなどが期待どおりに表示されるよう、ユーザーには構成を調整するための支援が必要な場合があります。

複数の vRealize Operations Managerクラスタを展開しています。

複数のクラスタは、通常、業務や機能を分離するために使用されます。

現在の vRealize Operations Managerデプロイをインストールするには、プロフェッショナル サービス契約が必要です。

お使いの環境が、以前のバージョンでプロフェッショナル サービス契約を正当化するのに十分複雑だった場合は、同じ条件が引き続き適用され、このバージョンにも同様の契約が保証される可能性があります。

プロフェッショナル サービスによってvRealize Operations Managerデプロイがカスタマイズされました。カスタマイズの例には、特殊な統合、スクリプティング、非標準の構成、複数レベルのアラート、カスタム レポートなどが含まれます。

お使いの環境が、以前のバージョンでプロフェッショナル サービス契約を正当化するのに十分複雑だった場合は、同じ条件が引き続き適用され、このバージョンにも同様の契約が保証される可能性があります。