VPSALES4632 仮想マシンで発生した問題をトラブルシューティングするために、症状の評価、タイム ライン情報の調査、イベントの検討、メトリック チャートの作成を実施して、問題の根本原因を特定します。

始める前に

このタスクについて

アラートを再確認しても仮想マシンについて報告された問題の原因を特定できない場合は、トラブルシューティング、[症状]、[タイムライン]、[イベント]、[すべてのメトリック] の各タブを使用して、同仮想マシンの過去および現在の状態をトラブルシューティングします。

手順

  1. アラート詳細 タブが表示されている状態で、左側のペインにある 仮想マシン をクリックして、下部のリストから VPSALES4632 を選択します。

    メインのペインが更新され、オブジェクトの サマリ タブが表示されます。

  2. トラブルシューティング タブ、症状 タブの順にクリックして、報告された問題に関連する症状がないか確認します。

    アラートの構成方法によっては、一部の症状がトリガーされているが、アラートが生成されるまでにはいたっていない場合もあります。

    1. 症状名をチェックして、報告された問題に関連する症状がないか確認します。

      [情報] 列に、トリガー条件、傾向、現在値が表示されます。応答時間に悪影響を及ぼすよくある症状、CPU や メモリ使用量に関連する症状がないか確認します。

    2. ユーザーが問題を報告した時間枠に注目できるように、作成日時 で並べ替えます。
    3. ステータス:アクティブ フィルタ ボタンをクリックしてこのフィルタを無効にし、アクティブおよび非アクティブな症状を確認できるようにします。

    症状から判断して、CPU またはメモリ使用量に関連する問題であると推測されます。ただし、仮想マシンに関連する問題なのか、ホストの問題なのかは分かりません。

  3. タイムライン タブをクリックして、アラート、症状、変更イベントを時系列でチェックします。これにより、報告された問題を引き起こしている共通の傾向を特定できることがあります。
    1. 他の仮想マシンで、問題が報告されたのと同じ時間に症状がトリガーされたり、アラートが生成されていないか確認するには、ピア イベントの表示 をクリックします。

      他の仮想マシンのアラートがタイム ラインに追加されます。複数の仮想マシンが同じ時間枠に症状をトリガーしているのを確認したら、先祖オブジェクトを調査します。

    2. 先祖イベントの表示 をクリックして、ホスト システム を選択します。

      仮想マシンがデプロイされているホストに関連付けられているアラートと症状がタイム ラインに追加されます。これらの情報を基に、報告された問題とホストのアラートの間に相関関係があるかどうか判定します。

  4. イベント タブをクリックして、問題のある仮想マシンについて収集されたメトリックの変化を表示し、報告された問題の原因の究明を進めます。
    1. 日付コントロール オプションを使用して、ユーザーが問題を報告したのとほぼ同じ時間のイベントを表示します。
    2. ワークロード容量、および負荷 バッジを順にクリックして、問題に関連するイベントがないか確認します。
    3. ビューをズーム をクリックして、問題が報告された時点またはそれ以前に発生したイベントまたはイベント クラスタにズームインします。
    4. データ値の表示 をクリックして、イベントの上にカーソルを移動し、そのイベントの詳細を表示します。

      イベント チャートの下のデータ グリッドに、選択した時間に発生したイベントも表示されます。

    5. 左側のペインで、ホスト システム をクリックし、左下ペインのリストのホスト名をクリックして、再度、ワークロード容量、および 負荷 を使用してホストの分析を行います。

    仮想マシンとホストに関するイベントを比較し、評価した結果、CPU またはメモリに関する問題が報告された問題の原因であると推定されます。

  5. 問題が、たとえば、CPU またはメモリの使用量に関連していることが特定できたら、原因が、CPU なのかメモリなのか、または両方なのかを判定できるように、すべてのメトリック タブをクリックして独自のメトリック チャートを作成します。
    1. ホストにまだフォーカスがあることを確認し、ホスト メトリックを使用して分析を始めます。
    2. メトリック リストで、CPU 使用率 (%)メモリ使用率 (%) メトリックをダブルクリックして、右側のワークスペースに追加します。
    3. マップで、VPSALES4632 オブジェクトをクリックします。

      メトリック リストに、VPSALES4632 仮想マシンのメトリックが表示されます。

    4. メトリック リストで、CPU 使用率 (%)メモリ使用率 (%) メトリックをダブルクリックして、右側のワークスペースに追加します。
    5. ホストと仮想マシンのチャートを見直して、報告された問題の原因を示唆するようなパターンが特定できないか確認します。

    このシナリオでは、4 つのチャートを比較した結果、CPU の使用状況はホストおよび仮想マシンの双方で正常であり、メモリの使用量も仮想マシンでは正常であることが判明します。ところが、ホストでのメモリの使用量が、VPSALES4632 仮想マシンで問題が報告される 3 日前から一貫して高い値を示し始めています。

タスクの結果

ホストのメモリ使用量は一貫して高く、仮想マシンの応答時間に悪影響を及ぼしています。ホストで実行されている仮想マシンの数は、十分にサポートされている数の範囲内です。考えられる原因として、VPSALES4632 仮想マシン上でのアプリケーションのプロセス数が多過ぎることが挙げられます。一部の仮想マシンを別のホストに移行する、ワークロードを分散する、アイドル状態の仮想マシンをパワーオフする、といった対策が考えられます。

次のタスク

  • この例では、vRealize Operations Manager を使用してホスト上の仮想マシンをパワーオフして、稼働中の仮想マシンのパフォーマンスが改善されるようにします。vRealize Operations Manager のツールバーからのアクションの実行 を参照してください。

  • すべてのメトリック タブで作成したチャートの組み合わせを今後再利用する可能性がある場合は、ダッシュボードの生成 をクリックします。

  • 問題が解決しない場合は、調査を続行します。