アラート タブには、現在選択されているオブジェクトに関して生成されたアラートのリストが表示されます。オブジェクトを操作している場合、アラート タブで生成されたアラートをレビューして、応答することにより、ご利用の環境の問題を管理できます。

アラートは、ご利用のシステムで問題が発生すると、設定されたアラート定義に基づいて通知します。オブジェクト アラートは便利な調査ツールで、2 つの方法で使用できます。オブジェクト アラートは、ユーザーが電話をかけてきて苦情を訴える前に、ご利用の環境の問題に関するプロアクティブな通知を提供し、一般的な問題および報告された問題を解決するときに使用できるオブジェクトに関する情報を提供します。

アラート タブをレビューするときに、先祖と子孫を追加して、アラートの表示を拡張できます。現在のオブジェクトのアラートが他のオブジェクトに影響するか、または現在のオブジェクトが他のオブジェクトのアラートで示された問題の影響をどの程度受けるかを知ることができます。

インフラストラクチャ運用チームのベスト プラクティスとワークフローに応じて、オブジェクトの アラート タブを使用して、個々のオブジェクトで生成されたアラートを管理できます。

  • アラートの所有権を取得すれば、自分が問題の解決に取り組んでいることをチームに知らせることができます。

  • アラートを一時停止して、問題を解決する間、一時的にオブジェクトの健全性、リスク、効率状態に影響を与えないようにすることができます。

  • 交換のためにホストからネットワーク カードが取り外された場合などの意図的な操作や、リソースの制約のために現在解決できない既知の問題であるなどの意図的な操作の結果であることが分かっているアラートを取り消します。エラー、メッセージ イベント、またはメトリック イベント症状により生成されたアラートを取り消すと、そのアラートは永久に取り消されます。メトリック、スーパーメトリック、またはプロパティ症状により生成されたアラートを取り消すと、元のメトリックまたはプロパティ条件が true のままの場合、アラートが再生成される場合があります。エラー、メッセージ イベント、またはメトリック イベント症状により生成されたアラートの取り消しにのみ有効です。

アラートの調査と解決は、考えられる最高の環境を顧客に提供するために役立ちます。