生成されたアラートに関する容量メトリックを分析するには、vRealize Operations Manager で各種のメトリックを比較するチャートを作成します。このような比較は、環境内で変化が起こった時間や、変化がデータストアに与えた影響を確認するのに役立ちます。

このタスクについて

ネットワーク運用エンジニアは、カスタム チャートを作成します。これにより、問題をより詳細に調査し、アラートの推奨を実行することによってアラートにより識別されている問題を解決できるかどうかを判断することができます。

前提条件

データストアのトポロジ マップを表示して、関連するオブジェクトがアラートに関係しているか、またはデータストアが環境内の他の問題に関係していることをトリガーされた症状が示しているかどうかを確認します。影響を受けるデータストアと他のオブジェクトとの関連性の表示 を参照してください。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。
  2. アラート名のリンクをクリックします。

    中央のペイン表示が変更され、アラートの詳細タブが表示されます。

  3. メトリック チャート タブをクリックします。

    メトリック チャート タブにはチャートは含まれていません。比較を行うには、チャートを追加する必要があります。

  4. 最初の推奨である「データストア ストレージに容量を追加」を分析するには、関連チャートをワークスペースに追加します。
    1. メトリック リストの検索テキスト ボックスに capacity と入力します。

      リストに、検索語が含まれるメトリックが表示されます。

    2. 以下のメトリックをダブルクリックして、以下のチャートをワークスペースに追加します。
      • 容量 | 使用領域 (GB)

      • ディスク領域 | 容量 (GB)

      • 概要 | キャパシティ コンシューマ数

    3. これらのチャートを比較します。

      たとえば、[容量 | 使用領域 (GB)] チャートが使用領域の増加を示しているが、[ディスク領域 | 容量 (GB)] が増加しておらず、[概要 | キャパシティ コンシューマ数] が減少していない場合、容量の追加は 1 つの解決策ですが、根本原因への対処にはなりません。

  5. 2 つめの推奨である「vMotion の一部の仮想マシンを別のデータストアへ」を検証するには、ワークスペースに関連するチャートを追加します。
    1. メトリック リストの検索テキスト ボックスに vm と入力します。
    2. 概要 | VM の合計数 メトリックをダブルクリックして、このメトリックをワークスペースに追加します。
    3. 4 つのチャートを比較します。

      たとえば、[概要 | VM の合計数] チャートが、仮想マシン数がデータストアにネガティブな影響を与えるほど増加していないことを示している場合、一部の仮想マシンの移動は 1 つの解決策ですが、根本原因への対処にはなりません。

  6. 3 つめの推奨である「仮想マシンの未使用のスナップショットの削除」を分析するには、関連するチャートをワークスペースに追加します。
    1. メトリック リストの検索テキスト ボックスに snapshot と入力します。
    2. 以下のメトリックをダブルクリックして、チャートをワークスペースに追加します。
      • ディスク領域 | スナップショット領域 (GB)

      • 解放可能なディスク領域 |スナップショット領域 | 無駄な値 (GB)

    3. これらのチャートを比較します。

      たとえば、[ディスク領域 | スナップショット領域 (GB)] の量が増加しており、[解放可能なディスク領域 |スナップショット領域 | 無駄な値 (GB)] が容量を解放できる領域を示している場合、未使用のスナップショットの削除はデータストア ディスクの容量の問題にポジティブな影響を与え、アラートを解決します。

  7. 監視を続行する必要がある問題のデータストアである場合は、ダッシュボードを作成することもできます。
    1. ワークスペース ツールバーにある ダッシュボードの作成 ボタンをクリックします。
    2. ダッシュボードの名前を入力し、OK をクリックします。

      この例では、Datastore disk space のような名前を使用します。

    使用可能なダッシュボードに、このダッシュボードが追加されます。

タスクの結果

メトリック チャートを比較して、推奨が有効かどうか、およびどの推奨を最初に実行するかを判断しました。この例では、「仮想マシンの未使用のスナップショットの削除」という推奨がアラートを解決する可能性が最も高いようです。

次のタスク

このアラートの推奨を実行します。データストアに対する推奨の実行によるアラートの解決 を参照してください。