エージェントは、監視対象の一部のオブジェクトを自動で検出しますが、ファイル、スクリプト、プロセスなどのその他のオブジェクトを手動で追加し、詳細を指定して、エージェントがそれらを監視するようにできます。

このタスクについて

OS オブジェクトの監視 アクションは、親オブジェクトとして使用できるオブジェクトの アクション メニューにのみ表示されます。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、作成する OS オブジェクトの親となるエージェント アダプタ オブジェクトを選択します。
  2. アクション > OS オブジェクトの監視 を選択します。

    メニューに、親オブジェクトに応じたオブジェクトのリストが表示されます。

  3. 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • リストからオブジェクト タイプをクリックし、このオブジェクト タイプの [OS オブジェクトの監視] ダイアログを開きます。

      リストに表示されるのは、よく選択される 3 つのオブジェクト タイプです。

    • 選択したいオブジェクト タイプがリストにない場合は、その他 をクリックして [OS オブジェクトの監視] ダイアログを開き、オブジェクト タイプ メニューで選択可能なすべてのオブジェクトのリストからオブジェクトを選択します。

  4. OS オブジェクトの表示名を指定します。
  5. その他のテキスト ボックスに適切な値を入力します。

    メニューのオプションは、選択した OS オブジェクトに従ってフィルタされています。

    一部のテキスト ボックスにはデフォルト値が表示されており、必要に応じて上書きできます。デフォルト値に関する次の情報をメモします。

    オプション

    プロセス

    次の形式で PTQL クエリを指定します。Class.Attribute.operator=value

    たとえば、Pid.PidFile.eq=/var/run/sshd.pid など。

    ここで、

    • Class は、Proc プリフィックスを除いた Sigar クラス名です。

    • Attribute は、指定したクラスの属性であり、Map クラスのアレイまたはキーへのインデックスです。

    • operator は次のいずれかです(文字列値)。

      • eq は、値に等しい

      • ne は、値に等しくない

      • ew は、値で終わる

      • sw は、値で始まる

      • ct は、値を含む(部分文字列)

      • re は、正規表現値が一致

    クエリはカンマで区切ります。

    Windows サービス

    Windows のサービスとして実行されるアプリケーションを監視します。

    これを構成する場合は、Windows でのサービス名を指定します。

    サービス名を確認するには、以下を行います。

    1. Windows の [スタート] メニューから、ファイル名を指定して実行 を選択します。

    2. ファイル名を指定して実行ダイアログで services.msc と入力し、OK をクリックします。

    3. 表示されたサービスのリストから監視するサービスを右クリックして、プロパティ を選択します。

    4. 全般 タブでサービス名を検索します。

    スクリプト

    vRealize Operations Manager を構成して、システムまたはアプリケーションのメトリックを収集するスクリプトを定期的に実行します。

  6. OK をクリックします。

    入力必須のテキスト ボックスすべてに値を入力するまで、OK はクリックできません。

タスクの結果

親オブジェクトの下に OS オブジェクトが表示され、監視が始まります。

注意:

OS オブジェクトを作成したときに無効な情報を入力した場合、オブジェクトは作成されますが、エージェントはそのオブジェクトを検出できず、メトリックは収集されません。