単一ノードを作成し、これをマスター ノードとして構成するか、追加データを処理するためにクラスタ内にマスター ノードを作成できます。すべてのvRealize Operations Managerのインストールには、マスター ノードが必要です。シングル ノード クラスタの場合、管理機能とデータ機能は同じマスタ ノードに存在します。マルチ ノードの vRealize Operations Managerクラスタには、 1 つのマスタ ノードと、追加データを処理するための 1 つ以上のノードが存在します。

始める前に

  • vRealize Operations ManagervApp をデプロイしてノードを作成します。

  • または、Linux 用の vRealize Operations ManagerEnterprise インストーラを実行してノードを作成することもできます。

  • デプロイが完了した後、ノードの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレスを控えます。

  • カスタム認証証明書を使用する予定の場合は、証明書ファイルが vRealize Operations Managerの要件を満たしていることを確認します。

手順

  1. vRealize Operations Managerのマスタ ノードになるノードの名前または IP アドレスに移動します。

    セットアップ ウィザードが表示されます。vRealize Operations Managerにログインする必要はありません。

  2. 新規インストール をクリックします。
  3. Next をクリックします。
  4. admin ユーザー アカウントのパスワードを入力して確認し、次へ をクリックします。

    パスワードは、1 個以上の大文字、1 個以上の小文字、1 個以上の数字、1 個以上の特殊文字を含めて 8 文字以上で作成する必要があります。

    デフォルトのユーザー アカウント名は admin で、変更できません。

  5. vRealize Operations Managerに含まれている証明書を使用するか独自の証明書をインストールするかを選択します。
    1. 独自の証明書を使用する場合は、参照 をクリックして証明書ファイルを探します。開く をクリックすると、[証明書情報] テキスト ボックスにファイルが読み込まれます。
    2. 証明書から得られた情報を参照し、vRealize Operations Managerの要件を満たしていることを確認します。
  6. Next をクリックします。
  7. マスタ ノードの名前を入力します。

    例: Ops-Master

  8. クラスタが同期する NTP (Network Time Protocol) サーバの URL または IP アドレスを入力します。

    例:nist.time.gov

  9. [Add] をクリックします。

    vRealize Operations Managerがすべてのノードをマスタ ノードとレプリカ ノードに同期させることによってそれ自体の同期を管理できるようにするため、NTP をブランクのままにします。

  10. 次へ をクリックし、終了 をクリックします。

    管理インターフェイスが表示されます。vRealize Operations Managerがマスタ ノードの追加を完了するまで若干時間がかかります。

タスクの結果

これで、ノードを追加できるマスター ノードを作成しました。

次のタスク

マスター ノードを作成した後、次のオプションがあります。

  • データ ノードを作成し、起動されていないクラスタに追加します。

  • リモート コレクタ ノードを作成し、起動されていないクラスタに追加します。

  • vRealize Operations Manager の起動 をクリックしてシングルノード クラスタを起動し、ログインして製品の構成を完了します。

    クラスタとノードのサイズに応じ、クラスタの起動は 10 ~ 30 分かかる可能性があります。クラスタの起動が進行している間は、クラスタ ノードに対する変更やアクションを避けてください。