vRealize Operations Manager のいくつかの領域で環境を監視し、生成されるアラートを確認できます。アラートはアラート定義内のシンプトムがトリガーされるときに生成されるため、環境内のオブジェクトが、許容と定義されたパラメータの範囲内で動作していない時点で把握できます。

環境内の問題を監視して対応できるように、生成されたアラートは vRealize Operations Manager の多くの領域に表示されます。

アラート

アラートは、健全性、リスク、または効率に分類されます。健全性アラートは、ただちに対処する必要がある問題を示します。リスク アラートは、近いうち、緊急の健全性問題になる前に対応する必要がある問題を示します。効率アラートは、浪費されている領域を節約したり環境内のオブジェクトのパフォーマンスを向上させたりできる領域を示します。

環境についてのアラートは次の場所で監視できます。

  • アラート

  • 健全性

  • リスク

  • 効率

選択されたオブジェクトについてのアラートは、次の場所で監視できます。

  • [アラート詳細] (サマリ タブ、影響を受けたオブジェクトのシンプトム タブ、タイムライン タブ、関係 タブ、メトリック チャート タブなど)

  • サマリ タブ

  • アラート タブ

  • トラブルシューティング タブ

  • カスタム ダッシュボード

  • アラートの通知

アラートの操作

アラートは、トリガーする条件がなくなりアラートがキャンセルされるように、解決の必要な問題を示します。提示される解決法は、解決手段によって問題に取り組むことができるように、推奨として示されます。

アラートを監視する際には、アラートの所有権の取得、アラートのサスペンド、またはアラートの手動キャンセルを行うことができます。

アラートをキャンセルすると、そのアラートと、障害タイプ、メッセージ イベント タイプ、またはメトリック イベント タイプのすべてがシンプトムがキャンセルされます。他のタイプのシンプトムは手動でキャンセルすることはできません。アラートが障害シンプトム、メッセージ イベント シンプトム、またはメトリック イベント シンプトムによってトリガーされた場合、そのアラートは事実上キャンセルされます。アラートがメトリック シンプトムまたはプロパティ シンプトムによってトリガーされた場合、直後の数分間で同一の条件に対して新しいアラートが作成される可能性があります。

アラートを削除する正しい方法は、シンプトムをトリガーし、アラートを生成した根本的な条件に対応することです。

移行されたアラート

vRealize Operations Manager の以前のバージョンからアラートを移行した場合、それらのアラートは概要にキャンセル ステータスで表示されますが、アラートの詳細は表示できません。