障害症状は、監視対象のシステムによって公開されたイベントに基づいています。 vRealize Operations Manager は、これらのイベントのサブセットの相関関係を作成し、障害として配信します。 障害(症状)の目的は、環境内のオブジェクトの可用性を低下させるような監視対象システムのイベントを知らせることです。 障害に基づいて症状を定義し、アラート定義に含めると、それらの症状が使用できるようになります。 設定した症状条件が true になると、その症状がトリガーされます。

サポートされている公開済み障害について、障害症状を作成できます。 オブジェクト タイプによって、複数の障害が定義されておりその中から選択できる場合もあれば、障害がまったく定義されていない場合もあります。

アダプタによって、あるオブジェクト タイプの障害定義が公開されている場合は、症状を定義する際に、その障害の 1 つ以上の障害イベントを選択できます。 選択したいずれかのイベントによって障害がアクティブになると、症状がトリガーされます。 障害イベントを選択しない場合は、任意の障害イベントによって障害がアクティブになると、症状がトリガーされます。