ネットワーク運用エンジニアは、vRealize Operations Manager から、担当するデータストアのいずれかに関する情報を記載した電子メール メッセージを受け取ります。この電子メール通知により、エンジニアが現在 vRealize Operations Manager で作業中ではない場合でも、問題についての通知を受け取ることができます。

始める前に

このタスクについて

ご使用の電子メール クライアントに、次のメッセージのようなアラートが送信されます。

アラートは 7 月 1 日火曜日 16:34:04 MDT に更新されました:情報:datastore1 データストアの動作が 6 月 30 日月曜日 10:21:07 MDT より異常です。最新の更新は 7 月 1 日火曜日 16:34:04 MDT です。アラート定義名:データストアはディスク領域が不足しています。アラート定義の説明:データストアはディスク領域が不足しています。オブジェクト名:datastore1 オブジェクト タイプ:データストア アラートの影響:リスク アラートの状態:重大 アラート タイプ:ストレージ アラート サブタイプ:容量オブジェクトの健全性の状態:情報 オブジェクトのリスク状態:重大 オブジェクトの効率性の状態:情報 症状:症状セット - 自己。症状名 | オブジェクト名 | オブジェクト ID | メトリック | メッセージ情報 データストアの領域の使用量が重大な制限に達しました。datastore1| b0885859-e0c5-4126-8eba-6a21c895fe1b | 容量 | 使用済みの領域 | HT が 99.20800922575977 を超過 > 95 推奨: - Storage VMotion の一部の仮想マシンを別のデータストアへ - 仮想マシンの未使用のスナップショットの削除 - データストアへの容量の追加 通知ルール名:すべてのアラート -- データストア。通知ルールの説明:アラート ID:a9d6cf35-a332-4028-90f0-d1876459032b Operations Manager Server - 192.0.2.0 アラートの詳細

手順

  1. ご使用の電子メール クライアントでメッセージを確認することにより、影響を受けるオブジェクトの状態を理解し、調査をすぐに開始すべきかどうかを決定できます。

    重大度の現在のレベルおよび影響を受けるオブジェクトを判別するには、アラート名、アラートの状態を確認します。

  2. 電子メール メッセージで、アラートの詳細 をクリックします。

    vRealize Operations Manager が、生成されたアラートおよび影響を受けるオブジェクトについてのアラートの詳細の 概要 タブで開きます。

  3. 概要 タブの情報を確認します。

    オプション

    評価プロセス

    アラートの名前と説明

    名前と説明を確認し、電子メール メッセージを受け取ったアラートを評価していることを確認します。

    推奨

    最上位の推奨を確認し、該当する場合は他の推奨も確認して、問題を解決するために実施する必要がある手順を理解します。優先の推奨を実施した場合、問題は解決されるでしょうか?

    問題の原因は何でしょうか?

    どの症状がトリガーされていますか? トリガーされていない症状はどれでしょうか? この評価は調査にどのように影響を与えましたか? この例では、データストアの領域が不足しているというアラートが構成されているため、重大度は症状ベースです。重大なアラートを受け取った場合、症状はすでに警告および緊急より高いクリティカル レベルになっていることが多いです。各症状のスパーク線またはメトリック グラフ チャートを確認して、該当のデータストア オブジェクトで問題が増大した時期を判断します。

次のタスク