仮想マシンの移動アクションを使用して、仮想マシンを別のホストとデータストアに移動し、環境内のワークロードのバランスを調整できます。

アクションの動作

このアクションを開始すると、仮想マシンの移動 ウィザードが開き、可能な移動先が調べられます。可能な移動先のリストから、移動先のホストとデータストアを選択します。

すべての移動先を表示するには、次のオブジェクト タイプの表示アクセス権が必要です:

  • vCenter Server データ センター、カスタム データ センター、またはクラスタが含まれているスコープ オブジェクト

  • スコープ オブジェクト内のホスト

  • ホスト内のデータストア

移動先には、移動するオブジェクトの組み合わせ(特定のホストとデータストア、など)、または同じデータストアを持つ異なるホストが含まれます。使用可能な組み合わせのいずれかを選択します。環境に多数の移動先オブジェクト(多数のホストやデータストアなど)がある場合は、フィルタ テキスト ボックスに文字列を入力して、特定の移動先オブジェクトを検索します。

vRealize Operations Manager では、vCenter Server で定義している vSphere DRS ルールが使用され、移動アクションで仮想マシンの適切な配置を決定するのに役立ちます。アフィニティ ルール列には、仮想マシンの移動アクションでそれらのルールに違反するかどうかが示されます。

重要:

vApp のメンバーである仮想マシンを移動しないでください。vApp が機能しなくなることがあります。仮想マシンにアフィニティ ルールを追加してグループ化し、仮想マシンの移動およびコンテナのリバランス アクションからその仮想マシンが除外されるようにします。

アクションを開始するには アクションの開始 ボタンをクリックします。

ウィザードを完了すると、アクションが開始されたことを示すダイアログ ボックスが vRealize Operations Manager に表示されます。アクションのステータスを追跡するには、ダイアログ ボックスに表示されているリンクをクリックし、管理 > 最近のタスク でアクションの状態を確認します。

データセンター間での仮想マシンの移動は許可されません

仮想マシンの移動 アクションを使用してデータセンター間で仮想マシンを移動する場合、vRealize Operations Manager が、宛先データセンターの一致するネットワーク オブジェクトとストレージ オブジェクトを識別できる必要があります。ネットワーク オブジェクトには、VMware 仮想スイッチおよび分散仮想スイッチが含まれます。ストレージ オブジェクトには、データストアおよびデータストア クラスタが含まれます。

データセンター間で仮想マシンを移動するには、vRealize Operations Manager で仮想マシン ファイルを移動し、仮想マシンのネットワーク構成を変更する必要があります。vRealize Operations Manager は現在、仮想マシン ファイルのデータストア間での移動も、仮想マシンのネットワーク構成の変更も行いません。結果として、vRealize Operations Manager では、データセンター間での仮想マシンの移動は許可されません。

仮想マシンの移動 アクションを使用するときには、次の動作に注意してください。

  • 単一の仮想マシンを選択した場合、vRealize Operations Manager は、仮想マシンが置かれているデータセンターを表示します。

  • ただし、複数の仮想マシンを選択しても、それらの仮想マシンが共通のデータセンターに置かれていない場合、仮想マシンの移動 アクションでは、データセンターが表示されず、仮想マシンの移動 アクションはアクション メニューに表示されません。

このアクションを実行する場所

サポートされるオブジェクトおよびオブジェクト レベルに対し、このアクションは vRealize Operations Managerの次の場所で使用可能です。

  • 一番上のツールバーの アクション メニューで、ホーム をクリックする。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、詳細 タブをクリックし、ビュー をクリックして、タイプ リストのビューを選択する。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、環境 タブをクリックして、リスト ビューのオブジェクトを選択する。

  • インベントリ エクスプローラ リストの 管理 をクリックし、インベントリ エクスプローラ をクリックして、リスト タブをクリックし、リストのオブジェクトを選択する。

  • 構成済みのアラートの推奨から。

  • ダッシュボード ウィジェットのオブジェクト リストおよびトポロジ グラフから。

アクションのオプション

仮想マシンに関する次の情報を確認して、正しいオブジェクトに対してアクションを実行していることを確認してください。

オプション

説明

優先順位

提示される移動先の優先順位を表します。アクションが自動化されている場合は、優先順位が 1 で提示される移動先が自動的に選択されます。

ターゲット ホスト

仮想マシンの移動先のホストの名前。

現在の CPU ワークロード

そのホストで使用可能な CPU 量 (GHz)

現在のメモリ ワークロード

そのホストで使用可能なメモリ量 (GB)

移動先データストア

仮想マシンのストレージの移動先のデータストア。

現在のディスク領域のワークロード

データストアで使用可能なディスク領域の容量。

収まる?

選択した移動先に仮想マシンが収まるどうかを計算した予測。

仮想マシンのパワーオフ要

いいえ に設定されている場合、このアクションでは移動前に仮想マシンがパワーオフされません。はい に設定されている場合、このアクションでは移動の実行前に仮想マシンがパワーオフされ、移動の完了後に仮想マシンがパワーオンされます。VMware Tools がインストールされている場合は、ゲスト OS のシャットダウンを使用して仮想マシンがパワーオフされます。

アフィニティ ルール

vCenter Server で定義されている vSphere DRS ルールが存在するかどうかを表します。たとえば、仮想マシンをまとめるためのルールが存在し、仮想マシンを分離するための別のルールが存在する可能性があります。

この列には次のステータスが表示されます。

  • 空。vSphere DRS ルールは定義されていません。

  • 緑色のチェックマーク。仮想マシンの移動はアフィニティ ルールに違反しません。

  • 縦棒付きの赤色の円。仮想マシンの移動はアフィニティ ルールに違反します。アフィニティ ルールに違反することを選択した場合は、すべての問題を手動で解決する必要があります。

アフィニティ ルールの詳細

仮想マシン、およびその仮想マシンを移動した場合に違反となる vCenter Server DRS ルール名(vSphere で定義)を特定します。

OK をクリックすると、次のダイアログ ボックスで、タスク ID と、タスク リストへのリンクが提供されます。

表 1. [タスク ID] ダイアログ ボックス

オプション

説明

最近のタスク

ジョブのステータスを表示し、ジョブが終了したことを確認するには、最近のタスク をクリックします。

OK

追加のアクションを実行せずにダイアログ ボックスを閉じるには、OK をクリックします。