vRealize Operations Managerにログインするには、Web ブラウザで vRealize Operations Manager クラスタのノードの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレスにアクセスする必要があります。

vRealize Operations Managerにログインする際には、留意すべきことがいくつかあります。

  • 初期構成後、製品インターフェイスの URL は次のようになります。

    https://node-FQDN-or-IP-address

  • 初期構成前に製品の URL を入力すると、代わりに管理インターフェイスが開きます。

  • 初期構成後、管理インターフェイスの URL は次のようになります。

    https://node-FQDN-or-IP-address/admin

  • 管理者アカウント名は admin です。このアカウント名は変更できません。

  • 管理者アカウントは、コンソールにログインするために使用するルート アカウントとは異なります。また、同じパスワードにする必要はありません。

  • 管理インターフェイスにログインしているときには、ログインしているノードをオフラインにしてシャットダウンすることは避けてください。そうしないと、インターフェイスが閉じてしまいます。

  • パフォーマンスが低下しない最大の同時ログイン セッション数は、分析クラスタ内のノード数、これらのノードのサイズ、各ユーザー セッションがシステムにかけることが予想される負荷などの要因に依存します。ヘビー ユーザーは、大量の管理アクティビティ、複数の同時ダッシュボード、クラスタ管理タスクなどに従事する可能性があります。ライト ユーザーは、より一般的であり、通常は 1 ~ 2 個のダッシュボードのみを必要とします。

    使用しているバージョンのvRealize Operations Managerのサイジング用スプレッドシートには、同時ログイン サポートに関する詳細情報が含まれています。詳細については、ナレッジ ベースの記事 KB 2093783 を参照してください。

  • vRealize Operations Managerインターフェイスへのログインには、メンテナンス管理アカウントのような、vRealize Operations Manager の内部ユーザー アカウントを使用することはできません。

  • リモート コレクタ ノードから製品インターフェイスを開くことはできませんが、管理インターフェイスは開くことができます。

  • サポートされている Web ブラウザについては、お使いのバージョンの vRealize Operations Managerリリース ノートを参照してください。