タイムラインには、一定期間にわたるオブジェクトについてのトリガーされたシンプトム、生成されたアラート、およびイベントのビューが表示されます。タイムラインを使用して、環境内オブジェクトの現在の状態に寄与している、一定期間の一般傾向を識別できます。

タイムラインでは、3 階層のスクロール メカニズムを使用して、特定の期間に注目した場合、時間間隔を長くして素早く移動したり、数時間をゆっくりと分刻みで移動したりすることができます。必要なデータが確実にあるようにするには、[日付コントロール] を構成して、調査している問題を含めます。

個別のオブジェクトのみを確認してそのオブジェクトの問題を調査することは、必ずしも効率的であるとは限りません。より広い環境のコンテキストでオブジェクトを調査するには、先祖、子孫、およびピアのオプションを使用します。このコンテキストでは、問題についての予測していなかった影響や結果が明らかになることがよくあります。

タイムラインは、パターンをグラフィック表示するツールです。シンプトムが、一定時間にわたりさまざまな間隔でシステムによりトリガーおよびキャンセルされた場合、イベントをオブジェクトまたは関連オブジェクトへの他の変更と比較できます。これらの変更が、問題の根本原因になる場合があります。