[アラート] タブには、選択したオブジェクト、グループ、アプリケーションについて、生成されたすべてのアラートの一覧が表示されます。アラート リストを使用して、環境の状態を判断したり、問題の解決を開始したりします。アラートのリストには、vRealize Operations Managerで生成されたすべてのアラートが含まれます。

アラートの機能

管理オブジェクトで生成されたすべてのアラートがリストに表示されます。

ツールバー オプションを使用してリストのアラートを管理できます。アラート名をクリックすると、影響を受けるオブジェクトのアラートの詳細を確認できます。アラートが生成されたオブジェクトの名前をクリックすると、オブジェクトの詳細を確認できます。

以前のバージョンの vRealize Operations Managerからアラートが移行された場合、アラートはキャンセル済みのステータスで表示されますが、アラートの詳細は使用できません。

[アラート] タブの場所

左側のペインで、環境 アイコンを選択し、インベントリ オブジェクトを選択します。アラート タブをクリックします。

アラート リストのオプション

アラート オプションには、ツールバーとデータ グリッドのオプションが含まれます。キャンセル、サスペンド、または所有権の管理を行うには、ツールバー オプションを使用します。[Shift] または [Control] を押しながらクリックすることで、リスト内の複数の行を選択できます。アラートを表示するには、データ グリッドを使用します。アラートの名前をクリックするとアラートの詳細を表示でき、オブジェクトの名前をクリックするとオブジェクトの詳細を表示できます。

表 1. アラート リストのツールバーのオプション

オプション

説明

外部アプリケーションを開く

選択したオブジェクトに対して実行できるアクション。

(たとえば、[vSphere Client で仮想マシンを開く] など)。

アラートのキャンセル

選択したアラートをキャンセルします。アクティブなアラートのみを表示するようにアラート リストが構成されている場合、キャンセルされたアラートはリストから除外されます。

対処する必要がないアラートをキャンセルします。アラートをキャンセルしても、そのアラートの生成の基盤となった条件はキャンセルされません。アラートのキャンセルは、トリガーされた障害やイベントの症状によってアラートが生成された場合に有効です。これらの症状は、監視対象オブジェクトでその後の障害またはイベントが発生した場合にのみ再度トリガーされるためです。メトリックまたはプロパティの症状に基づいてアラートが生成される場合、そのアラートは、次の収集および分析サイクルまでしかキャンセルされません。違反値が依然として存在する場合は、アラートが再度生成されます。

サスペンド

指定された分数の間アラートをサスペンドします。

アラートを調査しているとき、作業中にアラートがオブジェクトの健全性、リスク、または効率に影響しないようにアラートをサスペンドします。経過時間後に問題が解決されない場合、アラートが再アクティブ化され、再びオブジェクトの健全性、リスク、または効率に影響を与えます。

アラートをサスペンドしたユーザーは所有者として割り当てられます。

所有権の取得

現在のユーザーとして、自分自身をアラートの所有者にします。

アラートの所有権を獲得できるだけで、所有権を割り当てることはできません。

所有権の解放

アラートのすべての所有権が解放されます。

フィルタリング オプション

アラートのリストを、作成するフィルタと一致するアラートに限定します。

データ グリッドの列で並べ替えることもできます。

[アラート] データ グリッドには、生成されたアラートのリストが表示されます。これを使用して、環境内の問題を解決します。

表 2. アラート データ グリッドのオプション

オプション

説明

重要度

環境内でのアラートの重要度レベルを示します。アラートの重要度は、重要度アイコンの上にマウスを置いたときにツールチップに表示されます。

このレベルは、アラート定義の作成時に割り当てられたレベルに基づきます。割り当てられたレベルが シンプトム ベース の場合は、症状の最高の重要度に基づきます。

次の値があります。

  • 重大

  • 緊急

  • 警告

  • 詳細情報

デフォルトでは、アラートはクリティカル度順にソートされます。アラートのリストをクリティカル度順に事前ソートすると、クリティカルなアラートがリストの上位に表示されます。ソート順を変更すると、ソートがグローバル アラート リスト、健全性、リスク、および効率アラート リストの環境設定とともに保存されます。

アラート

アラートを生成したアラートの定義名。

アラートの名前をクリックするとアラートの詳細タブが表示され、ここでアラートのトラブルシューティングを開始できます。

アラート タイプ

選択したオブジェクトに対して起動したアラートのタイプが表示されます。これにより、アラートを分類し、特定タイプのアラートを特定のシステム管理者に割り当てることができます。たとえば、[アプリケーション]、[仮想化/ハイパーバイザ]、[ハードウェア]、[ストレージ]、[ネットワーク] などが表示されます。

アラート サブタイプ

選択したオブジェクトに対して起動したアラートのタイプについて、その他の情報が表示されます。これにより、アラート タイプよりも詳細にアラートを分類し、特定タイプのアラートを特定のシステム管理者に割り当てることができます。たとえば、[可用性]、[パフォーマンス]、[容量]、[コンプライアンス]、[構成] などが表示されます。

ステータス

アラートの現在の状態。

値には、[有効] または [キャンセル済み] があります。

起動元

アラートが生成されたオブジェクトの名前と、オブジェクト名の上にマウスを置いたときにツールチップに表示されるオブジェクト タイプです。

オブジェクト名をクリックすると、オブジェクトの詳細タブが表示されます。ここで、オブジェクトに他に何か問題がないかどうかについて調査を開始できます。

制御状態

ユーザーのアラートとの相互作用の状態です。値には、次の種類があります。

  • オープン。アラートはアクションに対して使用可能で、ユーザーには割り当てられていません。

  • 割り当て済み。ログイン ユーザーが 所有権の取得 をクリックしたときに、そのユーザーにアラートが割り当てられています。

  • サスペンド中。アラートは指定された時間中サスペンドされました。オブジェクトの健全性、リスク、および効率に対して、アラートの影響が一時的に及ばないようにされています。この状態が便利なのは、システム管理者が問題を検討しており、アラートの影響をオブジェクトの健全性のステータスに与えたくないときです。

オブジェクト タイプ

アラートの生成の基となったオブジェクトのタイプ。

影響

アラートの影響を受けたアラート バッジ。影響を受けたバッジ、健全性、リスク、または効率では、特定された問題の緊急度のレベルが示されます。

所有者

アラートを所有するユーザーの名前。

作成日時

アラートが生成された日時。

更新日時

アラートが最後に変更された日時。

アラートは、次のいずれかの変更が発生するたびに更新されます。

  • アラート定義に含まれる別の症状が発生した場合。

  • アラートを引き起こす原因となった症状のトリガーがキャンセルされた場合。

キャンセル日時

アラートが次のいずれかの理由でキャンセルされた日時。

  • アラートを起動した症状がアクティブでなくなった場合。アラートはシステムによってキャンセルされます。

  • オブジェクトに適用されるポリシーで該当する症状の定義が無効になっているためにアラートを起動した症状がキャンセルされた場合。

  • 該当する症状の定義が削除されたためにアラートを起動した症状がキャンセルされた場合。

  • オブジェクトに適用されるポリシーでこのアラートのアラート定義が無効になっている場合。

  • アラート定義が削除された場合。

  • ユーザーがアラートをキャンセルした場合。