このプロパティは、プラグインがメトリック収集に複数のスレッドを使用できるようにします。このプロパティは、スレッドセーフであることがわかっているプラグインのメトリック スループットを向上させることができます。

使用法

プラグインの名前と、メトリック収集に割り当てるスレッド数を指定します。

 scheduleThread.poolsize.PluginName=2

ここで、PluginName は、スレッドを割り当てるプラグインの名前です。例:

scheduleThread.poolsize.vsphere=2

デフォルト

1