vSphereClient を使用して vRealize Application Remote Collectorをデプロイします。ファイルから vRealize Application Remote Collector OVA テンプレートをデプロイすることができます。

前提条件

vRealize Operations Manager にログインした後で vRealize Application Remote Collector OVA ファイルをダウンロードすることができます。vRealize Application Remote Collector OVA ファイルをダウンロードするには、[アプリケーション リモート コレクタの構成] ページの [ダウンロード] アイコンをクリックします。

重要な時刻ソーシングでは、NTP (Network Time Protocol) を使用します。エンドポイント仮想マシン、vCenter Server、ESX ホスト、および vRealize Operations Manager の間で確実に時刻を同期する必要があります。

手順

  1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックし、[OVF テンプレートのデプロイ] を選択します。
    [OVF テンプレートのデプロイ] ウィザードが開きます。
  2. [OVF テンプレートのデプロイ] ページで、次のいずれかを実行し、[次へ] をクリックします。
    • インターネット上に置かれている OVA テンプレートへの URL がわかっている場合は、その URL を [URL] フィールドに入力します。サポート対象の URL ソースは HTTP および HTTPS です。
    • vRealize Application Remote Collector OVA ファイルをダウンロードした場合は、[Local file] をクリックし、ファイルの場所を参照して選択します。
  3. [Select a name and folder] ページで仮想マシンまたは vAPP の一意の名前を入力し、デプロイ場所を選択し [次へ] をクリックします。
    仮想マシンのデフォルト名は、選択した OVF または OVA テンプレートの名前と同じです。デフォルト名を変更する場合は、各 vCenter Server 仮想マシン フォルダ内で一意の名前を選択します。

    仮想マシンのデフォルトのデプロイ場所は、ウィザードを開始したインベントリ オブジェクトです。

  4. [リソースを選択] ページで、デプロイした仮想マシン テンプレートを実行するリソースを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [Review details] ページで、OVF または OVA テンプレートの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    製品 vRealize Application Remote Collector.
    バージョン vRealize Application Remote Collectorのバージョン番号。
    ベンダー VMWare。
    発行者 OVF または OVA テンプレートの発行者(OVF または OVA テンプレート ファイルに含まれる証明書に発行者が指定されている場合)。
    ダウンロード サイズ OVF または OVA ファイルのサイズ。
    ディスク上のサイズ OVF または OVA テンプレートをデプロイした後のディスク上のサイズ。
  6. [Accept license agreements] ページで、[受け入れる][次へ] の順にクリックします。
  7. [構成を選択してください] ページで、デプロイのサイズを選択します。
  8. [Select storage] ページで、デプロイされた OVF または OVA テンプレートのファイルを格納する場所と方法を定義します。
    1. 仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。
      このオプションは、ターゲット リソースでストレージ ポリシーが有効になっている場合にのみ使用できます。
    2. (オプション) [Show datastores from Storage DRS clusters] チェック ボックスをオンにして、仮想マシンの初期配置として Storage DRS クラスタから個々のデータストアを選択します。
    3. デプロイされた OVF または OVA テンプレートを格納するデータストアを選択します。
      構成ファイルと仮想ディスク ファイルがデータストアに格納されます。仮想マシンまたは vApp とすべての関連仮想ディスク ファイルを保存できる十分な容量を持つデータストアを選択します。
  9. [Select networks] ページで、ソース ネットワークを選択し、それをターゲット ネットワークにマッピングします。[次へ] をクリックします。ソース ネットワークには静的 FQDN 名または静的 DNS が必要です。
    [Source Network] 列には、OVF または OVA テンプレートに定義されているすべてのネットワークが一覧表示されます。
  10. [Customize template] ページで、入力値を入力し、vRealize Application Remote Collectorのデプロイを構成します。これらの詳細の指定は必須です。
    構成 説明
    API 管理者ユーザーのパスワード vRealize Application Remote Collector API 管理者のパスワードを入力します。ユーザー名は、admin@ucp.local です。vRealize Operations ManagervRealize Application Remote Collectorのこのインスタンスを構成するときに、このパスワードを使用してください。パスワードの前後の空白スペースは無視され、パスワードの一部と見なされません。
    ネットワーク プロパティ ネットワーク プロパティを確認します。
  11. [設定内容の確認] ページで、ページを確認し、[完了] をクリックします。
  12. OVA のデプロイが完了したら、vCenter Server から仮想アプライアンスにログインできます。インストールした仮想アプライアンスを右クリックします。[Open Console] をクリックします。次の資格情報を使用して、ログインします。
    ログインの詳細
    ユーザー名 root
    パスワード vmware
  13. root ユーザーのパスワードを変更します。
    注: root ユーザーのパスワードをリセットするには、ナレッジベースの記事「 2001476 」を参照してください。
  14. sshd サービスを有効にして、ssh から仮想マシンにアクセスします。

次のタスク

  • NTP 設定を構成します。
  • vRealize Operations Manager および vCenter Server とのハンドシェイクの前提条件が満たされていることを確認します。
  • vRealize Operations Manager にログインし、アプリケーション監視を構成します。