vRealize Operations に管理パックをインストールして構成し、環境内の外部データ ソースに接続してそれらのデータ ソースからのデータを分析することによって、vRealize Operations の監視機能を拡張することができます。接続後は、vRealize Operations を使用して、環境内のオブジェクトを監視および管理できます。

データ ソースへの接続を提供する管理パックもありますが、定義済みのダッシュボード、ウィジェット、アラート、ビューを含めることもできます。

ソリューションには、クラウド アカウント、その他のアカウント、ダッシュボード、レポート、アラート、およびその他のコンテンツを含めることができます。クラウド アカウントとその他のアカウントはアダプタで構成されており、vRealize Operations はそれらを使用して他の製品、アプリケーション、および機能との通信および統合を管理します。Management Pack のインストール時およびアダプタの構成時に、vRealize Operations の分析ツールとアラート ツールを使用して環境内のオブジェクトを管理することができます。

VMware のソリューションには、次のアダプタが含まれます。
  • ストレージ デバイス
  • Log Insight
  • NSX for vSphere
  • ネットワーク デバイス
  • VCM
サードパーティのソリューションには、AWS、SCOM、EMC Smarts などがあります。

VMware Management Pack for NSX for vSphere などのその他の管理パックは、vRealize Operations に追加できます。VMware 管理パックやその他のサードパーティのソリューションをダウンロードするには、https://marketplace.cloud.vmware.com/ の VMware Marketplace にアクセスしてください。

vRealize Operations には、事前にインストールされている Management Pack が含まれています。

vRealize Operations には、vRealize Operations にバンドルされている Management Pack も含まれていますが、有効にされていません。

vRealize Operations の新規デプロイの場合、Management Pack のアクティベーション ステータスは次のようになります。

表 1. Management Pack のアクティベーション ステータス
Management Pack 名 デフォルトでアクティブか? 非アクティブにできるか?
vSphere いいえ
VMware Cloud on AWS いいえ
Microsoft Azure いいえ はい
GCP いいえ はい
vSAN いいえ
サービスの検出 いいえ
vRealize Automation 8.x いいえ はい
Azure VMware Solution いいえ はい
AWS いいえ はい
OSとアプリケーションの監視 いいえ
Cloud Management Assessment
vRealize Log Insight いいえ はい
vRealize Network Insight いいえ はい
NSX-T いいえ
ping いいえ はい
PCI コンプライアンス いいえ はい
ISO コンプライアンス いいえ はい
HIPAA 準拠 いいえ はい
FISMA コンプライアンス いいえ はい
DISA コンプライアンス いいえ はい
CIS コンプライアンス いいえ はい

現在、クラウド アカウント、その他のアカウント、統合、リポジトリはすべて、vRealize Operations の中央の [統合] 画面から利用できます。この画面にアクセスするには、左側のメニューで [データ ソース] > [統合] の順にクリックします。

アップグレードに関する考慮事項

vRealize Operations をアップグレードすると、vRealize Operations のネイティブ管理パックが再インストールされます。