エージェントをインストールするエンドポイント仮想マシンを選択する必要があります。vCenter Server アダプタ インスタンスのすべてのエンドポイント仮想マシンは、[Telegraf エージェントの管理] 画面に一覧表示されます。

前提条件

すべての前提条件を満たしていることを確認します。詳細については、「前提条件」を参照してください。

手順

  1. 左側のメニューで [環境] > [アプリケーション] の順に選択します。[アプリケーション] パネルで、[Telegraf エージェントの管理] をクリックします。[Telegraf エージェントの管理] 画面が表示されます。
  2. [Telegraf エージェントの管理] 画面で、エージェントをインストールするエンドポイント仮想マシンを選択します。
  3. [Telegraf エージェントの管理] 画面で、横方向の省略記号をクリックし、[インストール] をクリックします。
  4. 特定の vCenter Server 用に VMware vRealize Application Management アダプタ インスタンスが作成されていない場合は、[Telegraf エージェントのインストール] ダイアログ ボックスが表示されます。コレクタ グループを使用して、アプリケーション監視の高可用性を構成できます。
    • アプリケーション監視の高可用性が有効なコレクタ グループを vCenter Server に関連付けるには、[高可用性対応のクラウド プロキシ グループ] を選択します。コレクタ グループは、[HA が有効なグループ] ドロップダウン リストから選択するか、または、
    • クラウド プロキシを vCenter Server に関連付ける場合は、[高可用性非対応のクラウド プロキシ] を選択します。クラウド プロキシは、[クラウド プロキシ] ドロップダウン リストから選択できます。
    • [終了] をクリックします。
    注: vCenter Server がデフォルトのコレクタにある場合、クラウド プロキシ オプションは空白になります。 vCenter Server が特定のクラウド プロキシにある場合、クラウド プロキシ オプションは自動的に入力されます。VMware vRealize Application Management アダプタ インスタンスを別のクラウド プロキシにデプロイするには、別のクラウド プロキシまたはアプリケーション監視の高可用性が有効なコレクタ グループを選択します。
  5. [エージェントの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。
  6. [仮想マシンの認証情報をどのように提供しますか?] ページから、次の手順を行います。
    1. すべてのエンドポイント仮想マシンで共通のユーザー名とパスワードを使用している場合は、[共通のユーザー名とパスワード] オプションを選択します。
    2. すべてのエンドポイント仮想マシンで別々のユーザー名とパスワードを使用している場合は、[仮想マシンの認証情報を入力してください] オプションを選択します。
    3. [次へ] をクリックします。
  7. [資格情報の提供] ページから、すべてのエンドポイント仮想マシンで共通の認証情報を使用しているか、すべてのエンドポイント仮想マシンで別々の資格情報を使用しているかに応じて、次の詳細を入力します。
    1. 選択したエンドポイント仮想マシンで共通のユーザー名とパスワードを使用している場合は、共通のユーザー名とパスワードを入力します。
    2. 各エンドポイント仮想マシンでユーザー名とパスワードが異なる場合は、CSV テンプレートをダウンロードし、各エンドポイント仮想マシンのユーザー名やパスワードなどの必要な詳細を追加します。[参照] ボタンを使用して、テンプレートを選択します。
    3. [エージェントのインストールの一部として必要な権限を持つ実行時ユーザーを Linux 仮想マシンに作成します] チェック ボックスはデフォルトでオンになります。詳細については、ユーザー アカウントの前提条件 を参照してください。
    4. [次へ] をクリックします。
  8. [サマリ] ページから、エージェントのデプロイ先のエンドポイント仮想マシンのリストを確認できます。
  9. [エージェントのインストール] をクリックします。ユーザー インターフェイスを更新して、インストールされているエージェントを表示します。
    ユーザー アカウント制御 (UAC) が無効になっている Windows エンドポイント仮想マシンでは、すべての前提条件が実行されると、Telegraf のインストールは、エージェントのステータスが [エージェント実行中]、[最後の処理のステータス] は [インストール成功] で完了します。

    [Windows エンドポイント仮想マシンでの UAC の有効化]

    UAC が有効な Windows エンドポイント仮想マシンでは、管理者グループに属している非管理者ユーザーの場合、すべての前提条件が実行されると、Telegraf エージェントのインストールは、エージェント ステータスが [未開始]、[最後の処理のステータス] は [ダウンロードの成功] で完了します。ビットがエンドポイント仮想マシンにダウンロードされます。ビットは手動でインストールする必要があります。C:\VMware\UCP\downloads でブートストラップ ランチャを実行すると、エージェントのステータスは [エージェントの実行中] になり、[最後の処理のステータス] は [インストールの成功] になります。

    • 管理者権限で PowerShell を開きます。
    • 以下のコマンドで $SYSTEMDRIVE\VMware\UCP\downloads フォルダに移動します:cd $SYSTEMDRIVE\VMware\UCP\downloads
    • cmd /c uaf-bootstrap-launcher.bat > uaf_bootstrap.log 2>&1 コマンドを実行します。
    • uaf_bootstrap.log から結果を確認します。
    • [エージェント ステータス][最後の処理のステータス] 列からエージェントのインストールのステータスを確認します([Telegraf エージェントの管理] ページ)。
  10. エージェントは、エンドポイント仮想マシンにインストールされているアプリケーション サービスを検出します。[Telegraf エージェントの管理] 画面で、エージェントがインストールされているエンドポイント仮想マシンのドロップダウン矢印をクリックすると、アプリケーション サービスが表示されます。エージェントのインストールのステータスは、[Telegraf エージェントの管理] 画面の [エージェント ステータス] 列で確認できます。
  11. インストール後、エンドポイント仮想マシン トポロジの下に OS オブジェクトが作成されます。オブジェクトを表示するには、[環境] > [アプリケーション] > [Telegraf エージェントの管理] 画面の順に移動してエンドポイント仮想マシンを選択します。[詳細に移動] ボタンをクリックし、[メトリック] タブをクリックします。[オブジェクト関係] ウィジェットを展開し、OS オブジェクトを選択します。
  12. エージェント インストールが失敗した場合、[最後の処理のステータス] 列の [インストールに失敗しました] テキストの前にある赤色の感嘆符アイコンの上にカーソルを置くと、詳細なエラー メッセージが表示されます。エラー メッセージに基づいて適切なアクションを実行し、エージェントのインストールの問題を解決できます。

次のタスク

各エージェントのサービスを管理できます。

エージェントのアンインストールの詳細については、「エージェントのアンインストール」を参照してください。