vRealize Operations CloudOracle Cloud VMware Solution インスタンスを監視するには、vCenter Server クラウド アカウント、vSAN クラウド アカウント、サービス検出(オプション)、および NSX-T アダプタを構成する必要があります。

手順

  1. vCenter Server クラウド アカウントを構成します。詳細については、「vRealize Operations Cloud での vCenter Server クラウド アカウントの構成」を参照してください。
  2. vSAN Adapter インスタンスを構成します。詳細については、「vSAN アダプタ インスタンスの構成」を参照してください。
  3. (オプション)サービス検出を構成します。詳細については、「サービスおよびアプリケーション検出の構成」を参照してください。
  4. NSX-T アダプタを構成します。詳細については、「NSX-T アダプタの構成」を参照してください。
    アダプタとクラウド アカウントを構成すると、 vRealize Operations Cloud は、 Oracle Cloud VMware Solution で実行されている環境を検出して監視します。
  5. クラウド アカウントの管理に使用する vRealize Operations Cloud コレクタまたはコレクタ グループを決定します。
    ベスト プラクティスは、 Oracle Cloud VMware Solution の各 SDDC インスタンスにクラウド プロキシをデプロイすることです。クラウド プロキシを使用する場合は、インターネットにアクセスできることを確認します。クラウド プロキシの送信インターネット アクセスを制限する必要がある場合は、クラウド プロキシの最小要件が満たされていることを確認します。詳細については、 vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成を参照してください。