vRealize Operations CloudvRealize Log Insight Cloud と統合されている場合は、サポートされているオブジェクトのログを vRealize Log Insight Cloud に送信できます。vRealize Operations Cloud では、これらのログの検索、オブジェクト ログの表示、vRealize Log Insight Cloud サービスの起動ができます。

サポートされるオブジェクト

次のオブジェクトは、次に示す vRealize Operations CloudvRealize Log Insight Cloud の統合でサポートされています。
  • vSphere
  • VMware vSAN クラスタ、ディスク、およびディスク グループ
  • vCenter
  • ESXi ホスト、および仮想マシン
  • NSX-T サービス:
    • ロード バランサ仮想サーバ
    • ロード バランサ プール
    • ロード バランサ サービス
    • 論理スイッチ
    • 論理ルーター
    • ファイアウォール セクション
    • グループ
    • トランスポート ゾーン
    • 転送ノード
    • Edge クラスタ
    • ルーター サービス
    • 管理アプライアンス
    • Manager クラスタ
    • ロード バランサ
    • Manager ノード
    • NSX-T Manager サービス

サービスの統合

vRealize Operations Cloud サービスと vRealize Log Insight Cloud サービスの統合は両サービスにアクセスした際に自動的に行われます。サポート対象のオブジェクトのログには次のフィールドが含まれます。
  • 有効な IP アドレスと、169.x.x.x などの自動化 IP アドレスでない IP アドレスを持つソースフィールド。
  • ホスト名フィールド。
サインアップして各サービスを開始する方法については、次のトピックを参照してください。
VMware Cloud on AWS をまだ使用していない場合は、 cloud proxy にデプロイしてから、 vCenter および ESXi ホストを構成し、これらのオブジェクトのログを vRealize Log Insight Cloudcloud proxy へ送信する必要があります。 vCenterESXi の構成の詳細については、次を参照してください。

VMware Cloud on AWS ユーザーである場合は、cloud proxy をデプロイする必要はありません。また、これらのオブジェクトの監査ログおよびファイアウォール ログがすでに使用可能であるため、vCenter または ESXi ホストを構成する必要もありません。

仮想マシンからアプリケーションまたはゲスト OS のログを公開するには、仮想マシンに Log Insight Agent を展開する必要があります。このエージェントは、仮想マシンのゲスト OS のログを vRealize Log Insight Cloudcloud proxy に転送する処理を支援します。Log Insight エージェントの詳細、インストール方法と構成の方法については、「 vRealize Log Insight エージェントの操作 」を参照してください。

ログの検索

vRealize Operations Cloud からログを検索するには、メニューで [トラブルシューティング] > [ログ分析] の順に選択します。検索テキスト ボックスを使用して、ログを検索します。また、検索テキスト ボックスの横で時間範囲を選択して、範囲内のログ イベントを検索することもできます。時間範囲はフィルタリング時に含まれます。

オブジェクトのログの表示

オブジェクトのログは、次のいずれかの方法で表示できます。

  • [トラブルシューティング] > [アラート] 画面のシンプトムから。
  • [環境] > [オブジェクト ブラウザ] 画面の左側のペインからインベントリ オブジェクトを選択し、[ログ] タブをクリックする。

ログ内の情報とメトリックを関連付けると、環境内の問題のトラブルシューティングを行うことができます。これは、問題の根本原因の特定に役立つ場合があります。[ログ] タブには、デフォルトで直近 5 分間のさまざまなイベント タイプが表示されます。vSphere オブジェクトの場合、選択したオブジェクトのイベント タイプおよびその階層内のサポートされているオブジェクトからのログがフィルタされて表示されます。

サポートされているオブジェクトは vSpherevCenterESXi ホスト、仮想マシンです。サポートされている VMware vSAN オブジェクトは、クラスタ、ディスク グループ、ディスクです。階層内でサポートされているオブジェクトの中にサポートされていないオブジェクトがある場合、外側のオブジェクトには、その階層内のオブジェクトのログが表示されます。たとえば、クラスタの階層内に ESXi ホストと仮想マシンがある場合、クラスタには ESXi ホストおよび仮想マシンのログが表示されます。

vRealize Log Insight Cloud サービスを使用する

vRealize Log Insight Cloud サービスを vRealize Operations Cloud から使用するには、[トラブルシューティング] > [ログ分析] の順に選択します。[Launch Log Insight Cloud] の起動[ログの詳細] ページ (vRealize Log Insight Cloud) では、ログ イベントのタイムスタンプ、テキスト、およびフィールドを基にしてイベントを抽出するクエリを作成できます。vRealize Log Insight Cloud では、クエリ結果のチャートが表示されます。

vRealize Log Insight Cloud に関する詳細については、vRealize Log Insight Cloud のドキュメントを参照してください。