クラウド プロキシとエンドポイント仮想マシンのハンドシェイク時に必要な前提条件を満たします。

エンドポイント仮想マシンでのクラウド プロキシのハンドシェイクには、次の前提条件が必要です。

  • エンドポイント仮想マシン、エンドポイント仮想マシンがデプロイされる ESXi インスタンス、vCenter Server、クラウド プロキシ、vRealize Operations Cloud は、時刻が同期されている必要があります。
  • エンドポイント仮想マシンがクラウド プロキシのポート 443、4505、4506 にアクセスできる必要があります。エンドポイント仮想マシンで次のコマンドを実行して、アクセスを確認できます。
    • Linux エンドポイント仮想マシンの場合
      timeout 10 bash -c "</dev/tcp/{cloudproxy_fqdn}/4505"
      echo $?
      timeout 10 bash -c "</dev/tcp/{cloudproxy_fqdn}/4506"
      echo $?
      timeout 10 bash -c "</dev/tcp/{cloudproxy_fqdn}/443"
      echo $?
      
    • Windows エンドポイント仮想マシンの場合
      wget.exe --spider -t 1 -T 10 {cloudproxy_fqdn}:4505 
      wget.exe --spider -t 1 -T 10 {cloudproxy_fqdn}:4506
      wget.exe --spider -t 1 -T 10 {cloudproxy_fqdn}:443
      
      注: Windows エンドポイント仮想マシンに wget.exe がない場合は、ファイル エクスプローラで %temp% フォルダまたはその親フォルダに移動し、インストールの試行後に wget.exe を検索します。
  • エージェントのインストールで必須となる、ユーザーに必要な権限については、ユーザー アカウントの前提条件ページを参照してください。
  • エンドポイント仮想マシンの構成要件。
    • Linux の要件

      コマンド:/bin/bash, sudo, tar, awk, curl

      パッケージ:coreutils (chmod, chown, cat), shadow-utils (useradd, groupadd, userdel, groupdel), net-tools

      スクリプト実行を許可するには、/tmp ディレクトリにマウント ポイントを構成します。

    • Windows の要件
      • Visual C++ のバージョンが 14 以降であることが必要です。
      • Windows OS 仮想マシンのパフォーマンス モニターを有効にする必要があります。
    • Windows 2012 R2 の要件

      エンドポイント仮想マシンを Universal C Runtime で更新する必要があります。詳細については、次のリンクを参照してください。

  • エージェントをインストールするエンドポイント仮想マシンで、VMware Tools がインストールされ、実行されている必要があります。サポートされている VMware Tools のバージョンについては、このリンクをクリックしてください。
  • 最新の UAG Photon OS 仮想マシンにエージェントをインストールするための「exec」権限を持つ tmp フォルダを追加します。/tmp ディレクトリにマウント ポイントを構成してスクリプトの実行を許可するには、次のコマンドを実行します:<mount -o remount,exec /tmp>