アカウントは、[統合] 画面で表示および構成できます。[アカウント] タブに移動して、クラウド アカウント、管理パック、およびその他のアカウントのリストを表示し、アダプタ インスタンスを設定します。

[データ ソース] > [統合] 画面の [アカウント] タブには、オプションのツールバーが表示されます。

[アカウント] タブには、 vRealize Operations Cloud がデータを収集できるように追加および設定された管理パックとソリューションが一覧表示されます。[アカウントの追加] をクリックすると、 vRealize Operations Cloud で管理パックをダウンロードしてインストールできます。詳細については、アカウントの追加を参照してください。

表 1. クラウド アカウント グリッドのオプション
オプション 説明
垂直の省略記号

ソリューションの構成を変更します。たとえば、データ収集の停止、クラウド アカウントの編集または削除、アカウントに関連するオブジェクト詳細の表示などを行います。

アカウントを削除する場合は、[関連オブジェクトを削除します] チェックボックスをオンにして、関連オブジェクトを削除することができます。関連オブジェクトをすぐに削除しない場合は、チェック ボックスをオフのままにします。関連オブジェクトは、[グローバル設定] 画面で指定した保持期間の間インベントリに保持されます。保持期間が終了する前にアダプタ インスタンスをリカバリすると、関連するオブジェクトはマーク解除され、削除されなくなります。

名前 ベンダーまたはメーカーがソリューションに付けた名前です。
ステータス ソリューションのステータスと、アダプタがデータを収集しているかどうかを示します。緑色のチェックマークと OK のテキストがステータス表示されている場合は、ソリューションがデータを収集していることを意味します。
説明 一般に、ソリューションが監視する対象またはソリューションのアダプタが接続する対象のデータ ソースを示します。
コレクタ ソリューションのステータスを示します。データの受信は、ソリューションがデータを収集していることを示します。
フィルタ 次の条件でアカウントのリスト内を検索できます。
  • 名前
  • 説明
  • 解決方法
  • アダプタ
  • コレクタ