vRealize Operations Cloud で VMware Cloud on AWS インスタンスを管理するには、クラウド アカウントを構成する必要があります。アダプタには、ターゲット VMware Cloud on AWS の認証と通信に使用される CSP API トークンが必要です。

前提条件

[マイ アカウント][API トークン] に移動し、運用上のニーズに基づいて CSP API トークンを生成します。

  • SDDC を検出して管理するには、VMware Cloud on AWS サービス ロール内の管理者(削除制限付き)ロールまたは管理者ロールを含めます。
  • 請求のデータ収集を行うには、すべての組織ロール内の請求読み取り専用ロールまたは組織の所有者のロールを含めます。
    注: 請求のデータ収集を行うには、CSP で請求を使用できるようにする必要があります。
  • NSX 監視を行うには、VMware Cloud on AWS サービス ロール内の NSX Cloud 管理者ロールまたは NSX Cloud 監査者ロールを含めます。

手順

  1. 左側のメニューで [データ ソース] > [統合] の順にクリックします。
  2. [アカウント] タブで、[アカウントの追加] をクリックします。
  3. [アカウント タイプ] 画面で、[VMware Cloud on AWS] をクリックします。
  4. クラウド アカウントの表示名と説明を入力します。
    • 名前。vRealize Operations Cloud に表示する Vmware Cloud on AWS インスタンスの名前を入力します。
    • 説明。インスタンスの管理に役立つ追加情報があれば入力します。
  5. VMware Cloud on AWS インスタンスの認証情報を追加するには、[追加] アイコンをクリックし、必要な認証情報を入力します。
    注: プロキシ サーバを使用してインターネットまたはパブリック サービスにアクセスしている場合は、次の詳細を入力します。
    • プロキシ ホスト。リモート プロキシ サーバの IP アドレス。
    • プロキシ ポート。リモート プロキシ サーバで有効になっているポート。
    • プロキシ ユーザー名。プロキシ サーバのユーザー名を入力するか、ドメイン構成のリモート プロキシ サーバを追加する場合は username@domain name 形式でユーザー名を入力します。
    • プロキシ パスワード。プロキシ サーバのユーザー名のパスワード。
    • プロキシ ドメイン。ドメイン構成でプロキシを使用する場合は、ドメインを空白にする必要があります。
    注: プロキシ認証情報は、NSX-T アダプタで使用されます。
  6. クラウド アカウントの管理に使用する vRealize Operations コレクタまたはコレクタ グループを決定します。環境に複数のコレクタまたはコレクタ グループがあり、ワークロードを分散してパフォーマンスを最適化する場合は、このインスタンスのアダプタ プロセスを管理するコレクタまたはコレクタ グループを選択します。
    注:

    CSP トークンは、一般公開されている VMware Cloud Services ポータル API にアクセスする際に使用されます。このアクセスには、[デフォルトのコレクタ グループ] を使用することをお勧めします。クラウド プロキシを使用する場合は、インターネットにアクセスできることを確認します。クラウド プロキシの送信インターネット アクセスを制限する必要がある場合は、クラウド プロキシの最小要件が満たされていることを確認します。詳細については、vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成を参照してください。

  7. 組織 ID。[組織の取得] をクリックして、このフィールドを自動入力します。オフラインの場合、または組織 ID を取得できない場合は、手動で入力できます。

    組織 ID は、クラウド サービス ポータルの長い組織 ID を参照します。クラウド サービス ポータルでこの ID を取得するには、[Organization Settings(組織の設定)] > [View Organization(組織の表示)] の順にクリックします。

  8. [接続の検証] をクリックして、接続を検証します。
  9. VMware Cloud on AWS から vRealize Operations Cloud に請求を行うことで、VMware Cloud on AWS インフラストラクチャの実行コストを監視できます。これを行うには、[Advanced Settings(詳細設定)] でコスト算出オプションを有効にします。
    注: CSP で請求が使用できない場合、VMC インフラストラクチャのコスト計算は、請求ベースの計算から定価ベースの計算に自動的に切り替わります。
  10. [保存] をクリックします。
    VMware Cloud on AWS に SDDC を構成するためのページが表示されます。
  11. [構成] をクリックします。
  12. vCenter adapter の構成。
    1. [追加] アイコンをクリックし、必要な認証情報を入力します。
      • 認証情報名。構成済み認証情報を識別するための名前。
      • ユーザー名:vCenter Server ユーザー名。vCenter Server を完全に可視化できる「cloudadmin」ロールを持つユーザーを使用します。権限が不足しているユーザーの可視性は制限されます。たとえば、読み取り専用ユーザーは管理仮想マシンを可視化できません。
      • パスワード。vCenter Server のユーザー名に構成されている vCenter Server のパスワード。
    2. 必要なコレクタ グループを選択します。
      注:

      VMware Cloud vCenter Server に直接接続している場合は [Default collector group(既定のコレクター グループ)] を選択します。vCenter Server にプライベート IP アドレスを使用している場合、またはアプリケーションの監視用に telegraf エージェントをデプロイする場合は、[クラウド プロキシ] を選択します。ベスト プラクティスは、VMware Cloud on AWS の各 SDDC インスタンスにクラウド プロキシをデプロイすることです。

      指定された vCenter Server にデプロイされているクラウド プロキシを選択し、そのクラウド プロキシからインターネットにアクセスできることを確認します。クラウド プロキシの送信インターネット アクセスを制限する必要がある場合は、クラウド プロキシの最小要件が満たされていることを確認します。

      詳細については、vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成を参照してください。

      VMware Cloud on AWS 管理ゲートウェイのファイアウォール ルールでは、いずれのアドレスから送信されたトラフィックも許可されないため、デフォルトのコレクタ グループは使用しないことを推奨します。

      vRealize Operations Cloud プロキシで HTTP プロキシを構成している場合は、HTTP プロキシに NSX 管理ポリシー エンドポイントにアクセスするための例外があることを確認します。この構成に関するサポートが必要な場合は、VMware のサポートにお問い合わせください。

    3. [次へ] をクリックします。
  13. デフォルトでは、vSAN アダプタは有効になっています。
    1. [別の認証情報を使用] を選択して、別の認証情報を追加します。プラス記号のアイコンをクリックし、認証情報名、vCenter Server のユーザー名およびパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
    2. 必要に応じて、[SMART データの収集を有効にする] を選択します。
    3. [接続の検証] をクリックして、接続を検証します。
    4. [次へ] をクリックします。
  14. デフォルトでは、NSX-T アダプタは有効になっています。
    1. [接続の検証] をクリックして、接続を検証します。
    2. [次へ] をクリックします。
  15. [Save This SDDC(この SDDC を保存)] をクリックします。
    注: Service Discovery アダプタはオプションです。VMware Cloud on AWS Service Discovery アダプタを構成する手順は、vCenter Service Discovery を構成する場合と同様です。vCenter Service Discovery の構成の詳細については、 サービス検出の構成を参照してください。
    SDDC が構成された VMware Cloud on AWS アカウントがリストに追加されます。