オープン ソース Telegraf を使用して Linux プラットフォーム上のアプリケーションとオペレーティング システムを監視するには、ヘルパー スクリプトを使用します。

前提条件

  • クラウド プロキシがインストールされていて、オンライン状態であることを確認します。
  • クラウド プロキシでのオープン ソース Telegraf データ収集の有効化の手順を確実に実行します。
  • jq パッケージをインストールします。詳細については、jq の公式ドキュメント (https://stedolan.github.io/jq/download/) を参照してください。
  • 仮想マシンの vCenter ServervRealize Operations Cloud で監視する場合は、VMware Tools のバージョンを確実に 10.2 以降にします。
  • 次のコマンドを実行し、次のパッケージを使用する権限があることを確認します。
    • コマンド:/bin/bash、awk、sed、vmware-toolbox-cmd、jq、curl
    • パッケージ:coreutils (chmod、chown、cat)、net-tools (ip、/dev/tcp、curl、wget)

手順

  1. エンド ポイントにオープン ソース Telegraf をインストールします。インスタンスがインストールされている場合は、この手順をスキップできます。Telegraf の新しいインスタンスをダウンロードしてインストールするには、公式ドキュメントを参照し、https://www.influxdata.com/time-series-platform/telegraf/およびhttps://portal.influxdata.com/downloads/ から対応する OS バージョンを検索します。
  2. 次の場所にあるクラウド プロキシからヘルパー スクリプトをダウンロードします。https://<CloudProxy-IP>/downloads/salt/open_source_telegraf_monitor.sh
  3. スクリプトがダウンロードされているディレクトリに移動します。
  4. Linux 仮想マシンに対するスクリプトの実行権限を有効にします。
    chmod +x open_source_telegraf_monitor.sh
  5. ヘルパー スクリプトを実行して、Telegraf の構成を更新します。
    open_source_telegraf_monitor.sh  -t <SAAS_REFRESH_TOKEN> -d <TELEGRAF_CONFIG_DIR>  -c <CP_IP> -e <telegraf_bin_path>
    
    Description of arguments:
    SAAS_REFRESH_TOKEN: CSP Refresh Token of the user/account. For getting a new token, follow - "User/
      Organization Settings >> My Account >> API Tokens >> Generate a New API Token". Mandatory parameter.
      Example: gi7lwabjnvdfiawt4watzksuol8sywrjvg8kabh31mx9x1guepgyhycyx61dqrpq
    TELEGRAF_CONFIG_DIR: Telegraf configuration directory.
    CP_IP: Mention the cloud proxy FQDN/IP address to post metrics.
    telegraf_bin_path - Path of telegraf binary. Example: /usr/bin/telegraf
    
    Example:
    ./open_source_telegraf_monitor.sh -v 10.192.0.1 -t UO2HafB0JMYiMmnppZIo2Zn5jCdDf1YeIXa0E7JXUPoUXF5HN6SK29kdJUibcJMg -c 10.192.0.100 -d /etc/telegraf/telegraf.d  -e /usr/bin/telegraf
    注: ヘルパー スクリプトを実行したら、指定した config ディレクトリ( -d オプション)パスの cloudproxy-http.conf という名前のファイル内で、それぞれの構成が正しく設定されていることを確認します。詳細については、 構成例を参照してください。管理対象仮想マシンの場合、次のいずれかの理由により、管理対象外の構成が表示されることがあります。
    • vCenter Server アダプタが、vRealize Operations Cloud で仮想マシンの詳細を使用できない。vRealize Operations Cloud vCenter Server クラウド アカウントの構成後、少なくとも 1 ~ 2 回の収集サイクルの間待機してください。
    • SAAS_REFRESH_TOKEN が正しくない。
    注: -d <TELEGRAF_CONFIG_DIR>:Telegraf 実行可能ファイルには、コマンド ライン オプション --config-directory が設定されています。スクリプトを実行するときに、オプション -d の値セットを指定する必要があります。Linux の場合、値はサービス ファイル /usr/lib/systemd/system/telegraf.service に含まれています。
    注: デフォルトでは、 telegraf.conf ファイルで InfluxDB 出力プラグインが有効になっており、データが influxdb サーバに送信されるため、構成済みの influxdb サーバ コメントがないことに関する警告メッセージがログに複数記録されないように、「[[outputs.influxdb]]」の行をコメントアウトする必要があります。次の警告メッセージが表示されます: W! [outputs.influxdb] When writing to [http://localhost:8086]: database "telegraf" creation failed: Post "http://localhost:8086/query": dial tcp [::1]:8086: connect: connection refused

    例:#[[outputs.influxdb]]

    注: telegraf.conf ファイルの入力プラグインが、対応するオペレーティング システムに関連付けられていることを確認します。 オペレーティング システムの Telegraf 構成の詳細 を参照してください。
  6. vRealize Operations Cloud でサポートされているアプリケーション サービスがエンドポイントで実行されている場合に、このサービスを監視するには、Telegraf に必要な入力を使用して Telegraf の構成ファイルまたはディレクトリを更新します。
    サポートされているアプリケーション サービスのリストについては、 概要を参照してください。
    構成のリストについては、 サポートされているアプリケーション サービスの Telegraf 構成の詳細を参照してください。
    サポート対象外のアプリケーション サービスの場合は、Telegraf の構成ファイルまたはディレクトリを Telegraf に必要な入力で更新します。
  7. Telegraf サービスを再起動します。
    systemctl restart telegraf 
    or
    /usr/bin/telegraf -config /etc/telegraf/telegraf.conf -config-directory /etc/telegraf/telegraf.d

次のタスク

[管理対象の仮想マシン オブジェクト階層]:仮想マシンの vCenter ServervRealize Operations Cloud によって監視されている場合、オペレーティング システムおよびアプリケーションのオブジェクトは、それぞれの [仮想マシン] > [OS オブジェクト] > [「アプリケーション サービス」のインスタンス] に分類されます。

[管理対象外の仮想マシン オブジェクト階層]:仮想マシンの vCenter ServervRealize Operations Cloud によって監視されていない場合、オペレーティング システムおよびアプリケーションのオブジェクトは、[環境] > [オペレーティング システム ワールド] > [OS オブジェクト] > [「アプリケーション サービス」のインスタンス] に分類されます。