[統合] 画面の [リポジトリ] タブで、ネイティブ管理パックを有効または無効にしたり、他の管理パックを追加またはアップグレードできます。

[[統合] 画面の場所]

左側のメニューで [データ ソース] > [統合] の順にクリックします。右側のペインの [リポジトリ] タブに移動します。この画面の [インストール済みの統合] と [使用可能な統合] にタイルが表示されます。

表 1. [リポジトリ] ページのオプション
オプション 説明
名前 ソリューションの名前。
有効化 ネイティブ Management Pack をインストールします。アクティベーション後に、[統合] 画面の [リポジトリ] タブまたは [アカウント] タブで、クラウド管理パックを構成できます。

すべてのクラスタのノードにアクセスできる場合にのみ、アクティベーションが開始されます。

注: 事前インストールされた Management Pack は、デフォルトで有効になっています。 [統合] 画面の [リポジトリ] タブまたは [アカウント] タブで構成できます。
アカウントの追加 デフォルトでアクティベーションが行われるアカウントの詳細については、データ ソースへの接続を参照してください。
無効化 Management Pack をアンインストールします。
[垂直の省略記号] > [コンテンツの表示] ソリューションを使用してデプロイされたコンテンツのリストを表示します。
[垂直の省略記号] > [デフォルトの内容の再設定] このオプションは、VMware vSphere ソリューションでのみ使用できます。

vRealize Operations Cloud のインスタンスを更新し、アラート定義とシンプトム定義を上書きするオプションを選択した後、既存のコンプライアンスのアラート定義を上書きする必要があります。

vRealize Operations Cloud の現在のバージョンをアップグレードする場合、このオプションを選択して、アラート定義とシンプトム定義を上書きする必要があります。アラート定義とシンプトム定義を上書きしない場合、コンプライアンス ルールでは新旧の定義がともに使用されます。

その他の Management Pack

名前、ステータス、バージョン、ソリューション作成元のベンダーまたはメーカー名など、非ネイティブの Management Pack に関する詳細が表示されます。関連するデータ、メタデータ、特別な設定が不要のコンテンツを含む特定 Management Pack をアンインストールできます。Management Pack をアンインストールするには、[アンインストール] をクリックし、[リスクを理解したうえで同意します] を選択します。