グローバル設定は、vRealize Operations Cloud でデータを保持したり、接続セッションを開いたままにしたりするなどさまざまな設定を決定します。これらは、全ユーザーに影響するシステム設定です。これらの設定の一部は編集できません。グローバル設定は、4 つのタイプにグループ化されています。

[データ保持] カテゴリの設定

表 1. グローバル設定のデフォルト値と説明
設定 デフォルト値 説明
アクション履歴

30 日

アクションの最近のタスク データを保持する日数。

データは、指定された日数が経過した後、システムから削除されます。

この設定は、vRealize Operations Cloud で最短 1 日~最大 30 日に編集できます。

削除されたオブジェクト

144 時間

この設定により、次の場合にインベントリにオブジェクトを保持する時間数が決まります。
  • vRealize Operations Cloud からオブジェクトを削除する前に、アダプタ データ ソースまたはサーバからこれらのオブジェクトが削除された場合。
  • クラウド アカウントが vRealize Operations Cloud から削除されているにもかかわらず、[すべてのアカウントの削除] ダイアログ ボックスで関連オブジェクトを削除するチェックボックスが選択されていない場合。

アダプタ データ ソースから削除されたオブジェクトは、vRealize Operations Cloud によって存在しないオブジェクトと識別されます。この場合、vRealize Operations Cloud はそのオブジェクトについてのデータをそれ以上収集できません。削除されたオブジェクトを vRealize Operations Cloud が存在しないオブジェクトとして識別するかどうかは、アダプタによって異なります。この機能は一部のアダプタには実装されていません。

この設定は、データ ソースまたはサーバから削除されたオブジェクトに適用されます。[インベントリ] ページの vRealize Operations Cloud から削除されたオブジェクトには適用されません。

削除スケジュールの間隔 24 時間

リソースの削除をスケジュールする頻度を指定します。この設定は、環境内に存在しなくなったオブジェクトを削除するために、[削除されたオブジェクト] 設定とともに機能します。vRealize Operations Cloud は、[削除されたオブジェクト] で指定された時間の長さだけ存在しなかったオブジェクトを削除のために透過的にマークします。vRealize Operations Cloud はその後、マークされたオブジェクトを [削除スケジュールの間隔] で指定された頻度で削除します。

オブジェクト履歴

60 日

オブジェクト構成データ、関係データ、およびプロパティ データの履歴を保持する日数。

構成データは、メトリックのベースとなる監視対象オブジェクトから収集されるデータです。収集されたデータには、オブジェクトの構成に加えられた変更が含まれます。

データは、指定された日数が経過した後、システムから削除されます。

この設定は、vRealize Operations Cloud で 10 日~ 60 日までの値に編集できます。

生成済みレポートの保持

90 日

生成されたレポートを保持する日数。

シンプトム/アラート

30 日

キャンセルされたアラートとシンプトムを保持する日数。

アラートとシンプトムは、システムまたはユーザーのどちらかによってキャンセルされます。

この設定を vRealize Operations Cloud で編集することはできません。

時系列データの保持

3 か月

監視対象オブジェクトのために収集されて計算されたメトリック データを保持する月数。この設定では、5 分間隔のデータ保持に対して、デフォルトで 3 か月と設定されます。

追加の時系列データの保持

12 か月

ロールアップ データが通常期間を越えて延長される月数。ロールアップ データは、通常期間の終了時からロールアップ データの保持期間の終了まで使用できます。

この設定は、vRealize Operations Cloud で 0 か月~ 12 か月の値に編集できます。

ほぼリアルタイムの監視のデータ保持 3 日 vRealize Operations CloudvCenter Server から収集されたほぼリアルタイムのデータを保持する日数。

この設定を vRealize Operations Cloud で編集することはできません。

削除されたユーザー 100 日

vRealize Operations Cloud から削除されたユーザーまたは LDAP の自動同期によって作成されたカスタム コンテンツを保持する日数を指定できます。たとえば、ユーザーによって作成されたカスタム ダッシュボードなどが対象になります。

外部イベント ベースのアクティブなシンプトム 無効

外部イベント ベースのアクティブなシンプトムを保持する日数。

関係履歴を維持 無効

vRealize Operations Cloud 内のすべての監視対象オブジェクトの、すべての関係履歴を維持できます。

コスト/価格カテゴリの設定

表 2. グローバル設定のデフォルト値と説明
設定 デフォルト値 説明
通貨 すべてのコスト計算に使用される通貨単位を指定できます。通貨タイプのリストから通貨のタイプを選択するには、[通貨の選択] をクリックします。[通貨の設定] から必要な通貨を選択し、チェック ボックスをクリックしてアクションを確定して、通貨を設定します。
コスト計算 有効 コスト計算が実行されるホスト時間です。
クラスタ使用率の上限係数 5 実際の使用率で実行している場合に予想される使用率の上限。
タグ ベースのコスト メトリック 無効化 有効にすると、タグごとの vRealize Operations Cloud の追加のコスト メトリックになります。
タグに基づく価格設定メトリック 無効化 有効にすると、タグごとの vRealize Operations Cloud の追加の価格設定メトリックになります。

[ユーザー アクセス] カテゴリの設定

表 3. グローバル設定のデフォルト値と説明
設定 エントリ 説明
同時ユーザー インターフェイス ログイン セッション 有効 ユーザーごとの同時ユーザー インターフェイス ログイン セッションを許可します。この設定を変更すると、以後のログイン セッションに影響します。

再利用カテゴリの設定

再利用カテゴリの設定には、パワーオフ状態の仮想マシン、アイドル状態の仮想マシン、スナップショットおよび実体なしディスクに関する情報が表示されます。

表 4. グローバル設定のデフォルト値と説明
設定 エントリ 説明
再利用にパワーオフ状態の仮想マシンを含める 有効 定義期間中にパワーオフされ、そのままになっている仮想マシン。

使用されている総ストレージキャパシティを再利用できます。ストレージの総再利用可能コストは、ストレージ使用量とストレージのレートを乗算して計算されます。仮想マシンの直接費も寄与します。

アイドル状態の仮想マシンの管理
再利用にアイドル状態の仮想マシンを含める 有効 vRealize Operations Cloud がアイドル状態の仮想マシンを計算する際に基準とする、次のパラメータを構成できます。
  • 仮想マシンが再利用可能なアイドル状態の仮想マシンとして分類されるまでにアイドル状態だった日数。
  • プロビジョニングされた仮想マシンが再利用可能なアイドル状態として分類されなくなるまでの日数。
仮想マシンのアイドル状態の基準 一定時間の 100% で 100 MHz の CPU 使用 定義された期間にわたってアイドル状態を維持している仮想マシンを識別するための基準を定義します。
次の値を設定できます。
  • 仮想マシンの CPU 使用量 (MHz) と、1 日のうち仮想マシンの CPU 使用量が定義された MHz 未満である時間の割合。
再利用にスナップショットを含める 有効 定義期間を通じて存在していた仮想マシンのスナップショット。

仮想マシンのスナップショットはストレージ容量を使用します。このようなストレージは再利用が可能です。再利用可能なコストは、再利用可能なストレージ値とストレージのレートを乗算して計算されます。

実体なしディスクの管理
再利用に実体なしディスクを含める 無効

実体なしディスクは、インベントリには含まれておらず、データストアでは使用できる、仮想マシンに関連付けられている VMDK です。既存のどの仮想マシンにも関連付けられていない VMDK が実体なしとしてレポートされ、[再利用] ページの [実体なしディスク] に表示されるまでの最小日数を構成できます。

実体なしディスクの収集時刻 20:00 実体なしディスクを収集するためのホスト時間。
注: vRealize Operations Cloud は、設定された時間に基づいて、 vSphere Client インスタンス内の実体のない VMDK をチェックします。 [実体なしディスクの収集][コスト計算] の設定は相互に関連しています。再利用可能な実体なし VMDK の最近のリストに基づいてコストが計算されるように、コスト計算の前に実体なしディスクの収集をスケジュール設定することをお勧めします。[実体なしディスクの収集] のデフォルト値は午後 8 時に、[コスト計算] のデフォルト値は午後 9:00 に設定されています。

[管理] > [グローバル設定] の下の [コスト/価格] セクションに移動し、[コスト計算] 時間の値を変更できます。

システム設定カテゴリの設定

表 5. グローバル設定のデフォルト値と説明
設定 エントリ 説明
セッション タイムアウト

120分

指定した時間 vRealize Operations Cloud に対する接続がアイドル状態になると、アプリケーションからログアウトされます。

もう一度ログインするには、認証情報を指定する必要があります。

動的しきい値計算 有効

すべてのオブジェクトについて通常レベルのしきい値違反を計算するかどうかを決定します。

この設定を無効にすると、vRealize Operations Cloud の次の領域が動作しなくなるか、または表示されなくなります。

  • 動的しきい値に基づいたアラートシンプトムの定義が動作しない
  • 正常な動作を表示するメトリック チャートが存在しない

この設定は、vRealize Operations Cloud システムのリソース制約の管理に利用できるオプションが他にない場合だけ無効にしてください。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム 有効

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加するかどうかを指定します。参加すると、vRealize Operations Cloud は匿名の使用データを https://vmware.com に送信します。

自動アクション 有効

vRealize Operations Cloud によるアクションの自動化を許可するかどうかを指定します。アラートのトリガ時には、アラートから解決策が推奨されます。推奨事項がそのアラートで優先順位が最も高いものである場合は、アクションを自動化できます。実行可能なアラートはポリシーで有効にします。

標準の証明書検証を有効化 無効

このオプションを使用すると、AI の作成または修正画面の [接続をテスト] で、標準の検証フローを使用して証明書を検証できるようになります。

このオプションは CA 認証局をチェックします。

  • 証明書サブジェクト DN
  • サブジェクトの代替名
  • 証明書の有効期間
  • 証明書失効リスト
このオプションでは、これらのチェックのいずれかが失敗した場合、ユーザーにダイアログ ボックスが表示されます。標準の収集サイクル中にアダプタがどのようにソース証明書の有効性をチェックするかは、アダプタの実装によって異なります。通常のシナリオでは、アダプタはサムプリント検証のみを実行します。ただし、このフラグが有効になっている場合、[接続のテスト] ではフル スケールで証明書を検証し、すべての条件に一致する証明書を受け入れます(ユーザーにダイアログは表示されません)。
アダプタ証明書の有効期限アラートのしきい値

クリティカルの場合は 5

緊急の場合は 14

警告の場合は 30

システムが証明書の有効期限アラートを発行するまでの日数を設定します。

クリティカル アラート、緊急アラート、警告アラートの値を変更するには、対応するアイコンをクリックして、スライダに沿って動かします。または、値を手動で設定します。

変更したら、[保存] をクリックします。

注: クリティカル アラートの場合、認証の期限日に、 [ホーム] > [クイック スタート] にアラート バナーが表示されます。たとえば、クリティカル アラートが 10 に設定されている場合、10 日目に [ホーム] 画面にアラート バナーが表示されます。