vRealize Operations CloudAzure VMware Solution インスタンスを監視するには、Azure VMware Solution クラウド アカウントを追加する必要があります。

手順

  1. 左側のメニューで [データ ソース] > [統合] の順にクリックします。
  2. [アカウント] タブで、[アカウントの追加] をクリックします。
  3. [アカウント タイプ] 画面で、[Azure VMware Solution] をクリックします。
  4. [クラウド アカウントの追加] 画面で、クラウド アカウントの表示名と説明を入力します。
    • 名前。vRealize Operations Cloud に表示する Azure VMware Solution インスタンスの名前を入力します。
    • 説明。インスタンスの管理に役立つ追加情報があれば入力します。
  5. Azure VMware Solution の認証情報を構成します。
    オプション 説明
    サブスクリプション ID Microsoft Azure のサブスクリプション ID を入力します。
    ディレクトリ (テナント) ID Azure Active Directory のディレクトリ(テナント)ID を入力します。
    認証情報 プラス記号をクリックして、Azure VMware Solution へのアクセスに使用する認証情報を追加します。
    • 作成する認証情報の値に対するインスタンス名を入力します。この値は、アダプタ インスタンスの名前ではなく、シークレット認証情報に対するフレンドリ名です。
    • Azure Active Directory のアプリケーション(クライアント)ID を入力します。
    • Microsoft Azure ポータルでアプリケーション用に生成したクライアント シークレットを入力します。
    • ネットワークに必要なローカル プロキシ情報があれば入力します。
    コレクタ/グループ クラウド アカウントの管理に使用する vRealize Operations Cloud コレクタまたはコレクタ グループを決定します。

    ベスト プラクティスは、Azure VMware Solution の各プライベート クラウド インスタンスにクラウド プロキシをデプロイすることです。クラウド プロキシを使用する場合は、インターネットにアクセスできることを確認します。クラウド プロキシの送信インターネット アクセスを制限する必要がある場合は、クラウド プロキシの最小要件が満たされていることを確認します。詳細については、vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成を参照してください。

  6. [接続の検証] をクリックして、接続を検証します。
  7. [保存] をクリックします。
    Azure VMware Solution をプライベート クラウドとして構成するための画面が表示されます。
  8. [構成] をクリックします。
  9. 目的の vCenter Server アダプタ インスタンスを構成します。
    1. [認証情報][追加] アイコンをクリックし、必要な認証情報を入力します。
      • 認証情報名。構成済み認証情報を識別するための名前。
      • ユーザー名:vCenter Server ユーザー名。
      • パスワード。vCenter Server のユーザー名に構成されている vCenter Server のパスワード。
    2. 必要なコレクタ グループを選択します。
      注:

      VMware Cloud vCenter Server に直接接続している場合は [デフォルトのコレクタ グループ] を選択します。vCenter Server にプライベート IP アドレスを使用している場合、またはアプリケーションの監視用に telegraf エージェントをデプロイする場合は、[Remote collector(リモート コレクタ)] を選択します。

      vRealize Operations Cloud プロキシで HTTP プロキシを構成している場合は、HTTP プロキシに NSX 管理ポリシー エンドポイントにアクセスするための例外があることを確認します。この構成に関するサポートが必要な場合は、VMware のサポートにお問い合わせください。

    3. [次へ] をクリックして [vSAN] セクションに移動します。
  10. デフォルトでは、vSAN アダプタは有効になっています。
    1. デフォルトでは、vCenter Server が参照している認証情報が vSAN の検証に使用されます。
    2. [別の認証情報を使用] を選択して、別の認証情報を追加します。プラス記号のアイコンをクリックし、認証情報名、vCenter Server のユーザー名およびパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
    3. 必要に応じて、[SMART データの収集を有効にする] を選択します。
    4. [接続の検証] をクリックして、接続を検証します。
    5. [次へ] をクリックします。
  11. NSX-T アダプタを構成します。
    1. デフォルトでは、NSX-T 構成は有効になっています。
    2. [認証情報][追加] アイコンをクリックし、必要な認証情報を入力します。
      • 認証情報種別:構成済みの NSX-T インスタンスを選択します。
      • 認証情報名。構成済み認証情報を識別するための名前。
      • ユーザー名:NSX-T インスタンスのユーザー名。
      • パスワード。NSX-T インスタンスのパスワード。
      • [OK] をクリックします。
    3. [接続の検証] をクリックして、接続を検証します。
  12. [このプライベート クラウドを保存] をクリックします。
    注: Service Discovery アダプタはオプションです。 Azure VMware Solution Service Discovery アダプタを構成する手順は、vCenter Service Discovery を構成する場合と同様です。vCenter Service Discovery の構成の詳細については、 サービスおよびアプリケーション検出の構成を参照してください。
  13. クラウド アカウントの管理に使用する vRealize Operations Cloud コレクタまたはコレクタ グループを決定します。
    ベスト プラクティスは、 Azure VMware Solution の各プライベート クラウド インスタンスにクラウド プロキシをデプロイすることです。クラウド プロキシを使用する場合は、インターネットにアクセスできることを確認します。クラウド プロキシの送信インターネット アクセスを制限する必要がある場合は、クラウド プロキシの最小要件が満たされていることを確認します。詳細については、 vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成を参照してください。

結果

プライベート クラウドが構成された Azure VMware Solution アカウントがリストに追加されます。