既存のクラウド アカウントを vRealize Automation 8.x から vRealize Operations Cloud にインポートして同期できます。[vRA からのアカウントのインポート] > [アカウントをインポート] の順にクリックすると、 vRealize Operations Cloud が管理していない vCenter Server、Amazon AWS、および Microsoft Azure に関連付けられているすべてのクラウド アカウントが一覧表示されます。これらのアカウントを選択して、vRealize Automation で定義されている既存の認証情報とともに vRealize Operations Cloud に直接インポートするか、またはインポート プロセスの前に認証情報を追加または編集することができます。[vRA からのアカウントのインポート] オプションは、[統合] 画面の [データ ソース] > [統合] > [アカウント] または [リポジトリ] タブで vRealize Automation 8.x との統合を有効にするまでユーザーに表示されません。

前提条件

  • vRealize Operations Cloud.の [データ ソース] > [統合] > [アカウント] で、vRealize Automation 8.x が有効になっていることを確認します。
  • 接続およびデータを収集するのに十分な権限を持つ vCenter Server 認証情報を把握していることを確認します。
  • ユーザーが、vRealize Automation に設定されている Organizational Owner および Cloud Assembly Administrator の権限を持っていることを確認します。

手順

  1. 左側のメニューで [データ ソース] > [ 統合] > [アカウント] タブの順に移動し、横方向の省略記号をクリックして、[vRA からのアカウントのインポート] を選択します。
  2. [Import Accounts] ページで、インポートするクラウド アカウントを選択します。
  3. vRealize Automation の既存の認証情報を上書きするには、次の手順を実行します。
    • [認証情報] ドロップダウン メニューから既存の認証情報を選択し、[保存] をクリックします。
    • 新しい認証情報を追加するには、[認証情報] ドロップダウン メニューの横にあるプラス アイコンをクリックし、認証情報の詳細を入力して [保存] をクリックします。
  4. ドロップダウン メニューからコレクタ/グループを選択します。
  5. [Validate] をクリックして、接続が成功していることを確認します。
  6. [インポート] をクリックします。

結果

インポートされたクラウド アカウントが、[データ ソース] > [統合] > [アカウント] 画面に一覧表示されます。クラウド アカウントのデータ収集が完了すると、構成ステータスが [警告] から [OK] に変わります。