VMware 管理者は、[ESXi 使用率] ダッシュボードと [ESXi 競合] ダッシュボードを併用して、パフォーマンスを管理します。

設計上の考慮事項

[ESXi 使用率] ダッシュボードは [ESXi 競合] ダッシュボードをサポートします。これを使用して、選択したデータセンターで使用率が高い vSphere クラスタを特定します。使用率が 100% を超えると、特に仮想マシンで競合が発生した場合に、パフォーマンスに悪影響が及ぶことがあります。デフォルトでは、vRealize Operations Cloud の収集間隔は 5 分です。5 分間の場合、300 秒分のデータ ポイントが存在する可能性があります。数秒間急増が発生した場合でも、残り 300 秒間の使用率が低ければ、表示されない場合があります。

このダッシュボードは、さらに詳細な情報を提供することで、クラスタ使用率 ダッシュボードを補完します。したがって、同様のレイアウトを採用しています。

すべてのパフォーマンス管理ダッシュボードに共通の一般的な設計上の考慮事項を表示するには、パフォーマンス ダッシュボード を参照してください。

ダッシュボードの使用方法

  • ESXi ホストの使用率
    • すべての ESXi ホストが、過去 1 週間の使用率が高い順に並べ替えられて一覧表示されます。表がすべて緑色で表示されている場合は、これ以上分析する必要はありません。
    • 期間は、目的の期間に変更できます。それに応じて最大数が反映されます。
  • 表から ESXi ホストを選択します。
    • すべての使用率チャートには、選択したクラスタの主な使用率メトリックが表示されます。
    • メモリの場合、使用率の高いカウンタは、たとえばバルーン、圧縮、スワップで明示的に表示されます。これらは使用率が 90% に満たなくても存在していますが、これは過去に使用率がひっ迫していたことを示しています。使用率のみを見ていると、安全だと勘違いします。
    • この動作に関する洞察を得るために、ディスク IOPS とディスク スループットは、読み取りと書き込みに分割されます。ワークロードの中には読み取り指向のものも、書き込み指向のものもあります。
    • ネットワーク スループットは、この動作に関する洞察を得るために、送信 (転送) と受信に分割されます。使用率の合計は、送信トラフィックと受信トラフィックを合計したものであるため、誤解を招く可能性があります。実際には、ネットワーク パイプはそれぞれの方向に 1 つずつあり (イーサネットの全二重の特性のため)、共有されません。

注意点

オペレーション チームで、使用率が特定のしきい値を超えないようにする標準化形式が使用されている場合は、そのしきい値を線グラフに追加できます。技術チームは実際の値としきい値の比較を確認できるので、しきい値のラインは技術チームにはあまり役立ちません。詳細については、[ESXi の競合] ダッシュボード 内の注意事項を参照してください。