サンプル スクリプトを使用して、物理サーバのオペレーティング システムを監視することができます。

サンプル スクリプトは、Windows 2012、2012 R2、2016、および 2019 でのみテストされています。

前提条件

サンプル スクリプトを使用していてアップグレードした場合に、オペレーティング システム オブジェクトのプロパティを表示するには、次の手順を再度実行してオペレーティング システムを監視する必要があります。ヘルパー スクリプトを再度ダウンロードして再実行し、カスタム Telegraf を再起動する必要があります。

  • インターネットが有効であることを確認します。
  • PowerShell が 4.0 以降であることを確認します。PowerShell のバージョンを確認するには、PowerShell で次のコマンドを実行します。

    $PSVERSIONTable

  • OpenSSL が 1.1.1 以降であることを確認します。https://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html からダウンロードします。OpenSSL のバージョンを確認するには、PowerShell で次のコマンドを実行します。

    openssl.exe version

  • vRealize Operations Cloud で、クラウド プロキシが起動し、オンラインになっていることを確認します。
  • 物理サーバからクラウド プロキシにアクセスできることを確認します。

手順

  1. https://<cloudproxy_ip>/downloads/salt/unmanagedagent_setup_sample.ps1 からサンプル スクリプトをダウンロードします。
    PowerShell ターミナルで、次のいずれかのコマンドを実行できます。
    Invoke-WebRequest https://<cloudproxy_ip>/downloads/salt/unmanagedagent_setup_sample.ps1 -OutFile unmanagedagent_setup_sample.ps1
    
    wget --no-check-certificate https://<cloudproxy_ip>/downloads/salt/unmanagedagent_setup_sample.ps1
    

    スクリプトのダウンロードが失敗し、要求が中止されました:SSL/TLS セキュア チャネルを作成できませんでした というメッセージが表示される場合は、Windows プラットフォームでスクリプトのダウンロードに失敗するに記載されている手順に従ってください。

    注: 上記で指定した場所で <cloud-proxy> に関連するクラウド プロキシ IP アドレスを使用します。
  2. 現在の組織に関連付けられているユーザーの更新トークンを、Cloud サービス ポータルの次の場所から作成します。
    [ユーザー/組織設定] > [マイ アカウント] > [API トークン] >> [新しい API トークンの生成]
  3. サンプル スクリプトを実行して Telegraf バイナリ ファイルをクラウド プロキシからダウンロードし、vRealize Operations Cloud との安全な接続のために必要な証明書を作成し、Telegraf 構成ファイルに必要な更新を行います。
    .\unmanagedagent_setup_sample.ps1 -t <refresh_token_from_previous_step> -c <cloudproxy_ip> -d <Telegraf_Download_Directory>
    例:
    unmanagedagent_setup_sample.ps1 -t UO2HafB0JMYiMmnppZIo2Zn5jCdDf1YeIXa0E7JXUPoUXF5HN6SK29kdJUibcJMg -c 10.192.0.158 -d C:/TelegrafDownloadDirectory
    環境が企業プロキシの背後にある場合、スクリプトでは外部接続についてプロキシが明示的に考慮されます。
    注: ユーザー名とパスワードの特殊文字が http でエンコードされているか、正しくエスケープされていることを確認します。例:
    .\unmanagedagent_setup_sample.ps1 -t <refresh_token_from_previous_step> -c <cloudproxy_ip> -d <Telegraf_Download_Dir> -x http://<proxyIp>:<proxyPort> -u <proxyUser> -p <proxyPassword>
    引数の説明:

    refresh_token_from_previous_step:前の手順で生成されたユーザーのトークンを更新します。

    cloudproxy_ip:クラウド プロキシの IP アドレス。必須パラメータです。

    Telegraf_Download_Directory:エージェントをインストールする場所。オプションのパラメータです。デフォルト値:現在のディレクトリ。

    proxy:プロキシ サーバの URL。オプションのパラメータです。

    注: 誤った引数が原因でヘルパー スクリプトの実行が初めて失敗したときは、Telegraf フォルダをクリアし、正しい引数を使用してスクリプトを再度実行します。
  4. Telegraf を実行します。
    telegraf.exe --config telegraf.conf --config-directory telegraf.d
    または、Telegraf を Windows サービスにすることができます。
    <Telegraf_executable_path> --config <Telegraf_config_file_path> --config-directory <Telegraf_config_directory_path> --service install
    net start telegraf
    
    例:
    C:\VMware\UnManagedTelegraf\telegraf\telegraf.exe --config C:\VMware\UnManagedTelegraf\telegraf\telegraf.conf --config-directory C:\VMware\UnManagedTelegraf\telegraf\telegraf.d --service install
    net start telegraf
    

次のタスク

メトリックを表示するには、 vRealize Operations Cloud ユーザー インターフェイスから [関連オブジェクト] > [メトリック] タブを選択します。
  1. 左側のパネルから [環境] > [カスタム グループ] の順に移動します。
  2. 右側のペインで [オペレーティング システム ワールド] オブジェクトをクリックします。
  3. [メトリック] タブに移動し、対応する OS オブジェクトを選択します。