ユーザー アカウントの追加を組織の所有者に依頼して、ユーザーが vRealize Operations Cloud の各機能や、環境内の特定のオブジェクトにアクセスできるようにします。組織の所有者がユーザー アカウントを追加した後は、1 つ以上のユーザー グループに割り当てたり、ロールとスコープを割り当てたりできます。管理者ロールは、オブジェクトにアクセスして環境全体でアクションを実行する必要のある特定のユーザーのみに割り当てます。

ユーザー アカウントの追加または編集を行う場所

  1. ユーザー アカウントを変更するには、左側のメニューで [管理] をクリックし、[アクセス コントロール] タイルをクリックします。
  2. ユーザー アカウントを編集するには、縦方向の省略記号をクリックし、[編集] を選択します。[ユーザーの詳細] 画面の [アカウントの編集] ボタンをクリックして、ユーザー アカウントを編集することもできます。

    [ユーザー情報の編集] 画面が表示されます。

    • デフォルトでは、ユーザーは「Everyone」グループに追加されます。ユーザー グループを作成または編集する際に、ユーザー グループへのユーザーの追加または削除が実行できます。必要なロールとスコープのペアを選択して、ユーザーに権限を割り当てることができます。
    • ユーザーをユーザー グループに追加すると、ユーザーはそのグループから権限(ロールとスコープのペア)を継承します。また、ユーザーに権限を割り当てないというオプションもあります。その場合、ユーザーのアクションは制限され、ユーザーは vRealize Operations Cloud にログインできません。
    • 作成したユーザー名は変更できません。そのため、ユーザー名は適切に選択してください。
    • スーパー管理者アカウントに対しては、読み取り専用アクセスがあります。スーパー管理者アカウントのパスワードは、ユーザー インターフェイスからのみ変更が可能です。

    [ロールとスコープの割り当て]

    [ロールとスコープの割り当て] オプションでは、各ユーザーにロールを選択し、そのロールにスコープを割り当てることができます。

  3. [ロールの選択] ドロップダウン メニューから、ユーザーのロールを選択します。
  4. [スコープの選択] ドロップダウン メニューから、選択したユーザーにスコープを割り当てます。
    注: + 記号をクリックすると、複数のロールを追加して各ロールに必要なスコープを割り当てることができます。

    [ユーザー グループの割り当て]

    [ユーザー グループの割り当て] オプションを使用すると、ユーザーをメンバーにするユーザー グループを選択できます。

  5. ユーザーをメンバーにするユーザー グループを選択します。
  6. [保存] をクリックします。
    注: LDAP および SSO からインポートされたグループにはユーザーを手動で追加することはできません。