各ポリシーに、メンテナンス タスクを実行する時刻を設定できます。

ポリシーのメンテナンス スケジュール要素をオーバーライドする場所

ポリシーのメンテナンス スケジュール分析設定を表示してオーバーライドするには、左側のメニューで [構成] > [ポリシー] の順にクリックし、[追加] をクリックしてポリシーを追加するか、必要なポリシーを選択します。右側のペインで、[ポリシーの編集] をクリックしてポリシーを編集します。[ポリシーの作成] または [ポリシーの編集] ワークスペースで、[メンテナンス スケジュール] をクリックします。

このポリシー要素を構成しないと、選択したベース ポリシーの設定が継承されます。

表 1. [ポリシーの作成] または [ポリシーの編集] ワークスペースにおけるポリシーのメンテナンス スケジュール要素の設定
オプション 説明
オブジェクト タイプの選択 フィルタリングするオブジェクト タイプを選択します。
フィルタ [ローカルでの変更] と [未保存の変更] でフィルタリングできます。ドロップダウンから [はい] または [いいえ] を選択し、[適用] をクリックしてフィルタを適用します。

ロック アイコン

ポリシー要素の設定をオーバーライドできます。これにより、ポリシーをカスタマイズして、ユーザーの環境内のオブジェクトを監視することができます。

メンテナンス スケジュール

メンテナンス タスクを実行する時刻を設定します。メンテナンス中、vRealize Operations Cloud では分析は計算されません。