[通知] ページを使用して、個々のアラート通知ルールを管理します。ルールは、サポートされるターゲット システムに vRealize Operations Cloud のどのアラートを送信するかを決定します。

通知の仕組み

このページから通知ルールの追加、管理、および編集を行います。サポートされたシステムに通知を送信するには、送信アラートの設定を構成して有効にする必要があります。サポートされる送信通知プラグインには、標準の E メール プラグイン、REST プラグイン、SNMP トラップ プラグイン、およびログ ファイル プラグインが含まれます。

通知ルールを作成および管理するには、送信アラートのプラグイン インスタンスを構成する必要があります。

通知を確認できる場所

通知を管理するには、左側のメニューで [構成] > [アラート] の順にクリックし、右側のペインで [通知] をクリックします。

表 1. 通知オプション
オプション 説明
ツールバー オプション

ツールバー オプションを使用して通知ルールを管理します。

  • 追加。[ルールを追加] ダイアログ ボックスが開きます。そこで、通知ルールのフィルタリング オプションを構成します。
横方向の省略記号をクリックして、次のアクションを実行します。
  • 削除。選択したルールを削除します。
  • 無効化または有効化。選択したルールを無効または有効にします。
  • エクスポートまたはインポート。選択した通知を「.xml」ファイルにエクスポートして、別の vRealize Operations Cloud インスタンスにインポートすることができるようにします。
クイック フィルタ(アクション名) リストを、フィルタに一致するアクションに限定します。次の項目でフィルタリングできます。
  • ルール名
  • インスタンス
  • ステータス
  • 更新者
ルール名
通知ルールを作成したときに割り当てた名前。縦方向の省略記号をクリックして、次のアクションを実行します。
  • 編集。選択したルールを編集できます。
  • クローン作成。既存の通知ルールのクローンを作成し、クローン作成した通知ルールの属性を編集できます。複数のアラート通知ルールを作成して、同じアラート通知を異なる送信設定に送信できます。
    注: 一度にクローン作成できるアラート通知ルールは 1 つだけです。
  • 削除。選択したルールを削除します。
  • 無効化または有効化。選択したルールを無効または有効にします。
インスタンス

通知ルールに対して構成した送信アラート インスタンスの名前。

インスタンスは、送信アラートの一部として構成され、アラート通知用の各種メール サーバや送信者アドレスを示すことができます。

有効 ルールが有効になっているかどうかを表示します。
E メールアドレス

標準のE メール通知のルールの場合、アラート受信者のE メール アドレスの一覧が表示されます。

オブジェクト名

特定のオブジェクトに関する通知をルールで指定している場合、オブジェクト名の一覧が表示されます。

特定のオブジェクトおよび選択された子オブジェクトのタイプに関する通知をルールで指定している場合、子オブジェクトのタイプの一覧が表示されます。

最終更新日時 ルールが最後に更新された日付が表示されます。
更新者 ルールを最後に更新したユーザーの名前が表示されます。