[ユーザー \ 修正しますか] ダッシュボードは、実際の仮想マシンとその関連情報を表示して、メインの仮想マシン構成ダッシュボードを補完します。このダッシュボードは、vSphere 管理者とプラットフォーム チーム向けに設計されており、仮想マシンの所有者とのフォローアップ アクションを容易にします。[ユーザー \ 修正しますか] ダッシュボードは、最適化の機会について環境を調べる 8 つのダッシュボードの 1 つです。

設計上の考慮事項

このダッシュボードは、注意が必要な仮想マシンに集中するように設計されています。リストは、この作業をシンプルにするために使用され、実際のオブジェクトを表示します。リストは、フィルタとカスタム グループを使用してカスタマイズできます。オフラインでのディスカッション用にリストをエクスポートすることもできます。

このダッシュボードは拡張可能ですが、これは別々のお客様の検証対象の一連の設定は異なるという現実を反映したものです。ダッシュボードのレイアウトは表 (リスト表示) のコレクションであるため、表を追加することで拡張できます。操作に必要な仮想マシンの構成を確認するために、リスト表示ウィジェットをさらに追加できます。

ダッシュボードの使用方法

[ユーザー \ 修正しますか] ダッシュボードは、個別に確認できる表 (リスト表示) の集まりです。オブジェクト名をクリックして、[オブジェクト サマリ] ページに移動することで詳細な構成を表示できます。特定の構成が適用されない正当な理由がある場合があります。ベスト プラクティスについては、VMware と相談することをお勧めします。

  • ツール ウィジェット:
    • VMware Tools の使用には複数のメリットがあります。メリットのリストについては、KB 340 を参照してください。
    • vRealize Operations Cloud は VMware Tools を使用してゲスト OS のメトリックを取得します。ハイパーバイザーのメトリック(仮想マシンの消費メモリと仮想マシンの有効メモリ)は Windows または Linux のメモリ使用率を測定する設計となっていないため、これを使用しないと仮想マシンのメモリが適切にサイジングされません。ESXi VMkernel には、セキュリティ上の理由からゲスト OS に対する可視性がありません。
    • VMware Tools がインストールされていない一般的な理由として、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) のサポートが挙げられます。ISV ベンダーは、自らが認定していない限り、アプライアンスにインストールされている追加ソフトウェアはないと主張することがあります。VMware Tools の詳細については、「VMware Tools のドキュメント」を参照してください。
    • VMware Tools がインストールされている場合、アプリケーション チームが何らかの理由によりそれを無効化している場合があります。インフラストラクチャ チームは、アプリケーション チームに通知および教育を行い、常に VMware Tools を実行することが推奨されている理由に関する技術的な推奨事項を文書化する必要があります。
  • [CPU 制限とメモリ] ウィジェット:
    • 予期せずパフォーマンスが低下する可能性があるため、メモリと CPU の制限を使用しないことをお勧めします。ゲスト OS は、ハイパーバイザー レベルでのこの制限を認識しません。代わりに、仮想マシンのサイズを小さくすることをお勧めします。
  • [ゲスト OS カウンタの欠落] ウィジェット:
    • 要件が満たされていないため、ゲスト OS のパフォーマンス カウンタを可視化できません。仮想マシンの消費メモリと有効メモリはゲスト OS のカウンタの代わりとならないため、メモリ カウンタは特に重要です。詳細については、KB 55675 を参照してください。
  • [古いスナップショット] ウィジェット:
    • 変更要求の後 1 日以内にスナップショットが削除されるようにします。そうでない場合は、スナップショットのサイズが大きくなり、仮想マシンのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

注意点

  • 不適切な確認の有無を検証できるようにこのダッシュボード上部にバナーのサマリを追加します。スコアボードを追加し、ワールド オブジェクトを選択してから、下のすべての表を折りたたみます。各サマリのスーパー メトリックを作成して、ワールド オブジェクトに適用します。
  • 大規模な環境では、このダッシュボードのフィルタを作成して、環境のセグメントに焦点を当てることができるようにします。ゴールド、シルバー、ブロンズなどのサービス クラスでグループ化します。デフォルトの選択を、特に重要な環境であるゴールドにします。これにより、重要度の低いワークロードを除外し、重要なワークロードを集中して監視できます。
  • 環境に関連する可能性のある他の仮想マシン構成があります。このダッシュボードに追加できる仮想マシン設定のリストを確認します。
  • コンテキストを把握するために、選択した仮想マシンのプロパティを一覧表示するプロパティ ウィジェットを追加します。このようにして、画面を離れることなく、目的のプロパティを確認できます。複数のリスト表示ウィジェットで同じプロパティ ウィジェットを操作できるため、リスト表示ごとに 1 つのプロパティ ウィジェットを作成する必要はありません。
  • 運用上求められる場合は、CPU 実行キュー、CPU コンテキスト スイッチ、ディスク キュー長という 3 つの主要なパフォーマンス カウンタを持たない仮想マシンのリストを追加します。