vRealize Operations Cloud は、クラスタ コンピューティング リソース、ホスト、仮想マシンなど、vRealize Automation で管理される子オブジェクトを含むデータセンターおよびカスタム データセンターに対するアクションを制限します。

vRealize Automation で管理されるオブジェクトに対するアクションをオンまたはオフにするには、クラウド アカウントのそれぞれの vCentre Server から [運用アクション] を変更するか、vRealize Automation で管理されるオブジェクトに対して限定的なアクションを実行可能な新しいロールを作成します。

アクションによる管理対象オブジェクトの判別

アクションは vRealize Automationで管理されるリソース コンテナのオブジェクトをチェックして、どのオブジェクトが vRealize Automation で管理されているかを判別します。

コンテナのリバランスなどのアクションは、データセンター コンテナまたはカスタム データセンター コンテナの子オブジェクトをチェックして、オブジェクトがvRealize Automationで管理されているかどうかを判別します。オブジェクトが管理対象であれば、これらのオブジェクトに対してアクションは表示されません。