vRealize Operations Cloud の使用により、物理/仮想/クラウド インフラストラクチャから、これらでサポートされるアプリケーションまで、フル スタックの可視性による IT の自動化と管理が可能になります。

vRealize Operations Cloud は、アプリケーションからインフラストラクチャまでのハイブリッド クラウド環境を最適化、計画、拡張するための、AI/ML ベースの統合管理プラットフォームをサービスとして提供します。

vRealize Operations Cloud の 4 つのピラーにより、構成の管理、パフォーマンスの最適化、キャパシティの最適化、および問題のトラブルシューティングを行うことができます。

vRealize Operations Cloud のこれらの機能を使用して、システム管理者は、vRealize Operations Cloud によるアラートの生成や、ユーザーからの連絡があった際に、環境内のオブジェクトの問題を認識します。この情報では、vRealize Operations Cloud を使用して問題に対する監視、トラブル シューティング、および対処を行う方法について説明することで、最適なパフォーマンスの実現を支援します。過剰な需要または容量不足に起因する問題を解決する場合に、システムの変更やアップグレードが必要なのかどうかを評価する方法についての情報も記載されています。

構成およびコンプライアンスの管理

定義された標準を満たすようにオブジェクトにコンプライアンスを設定し、コンプライアンス ベンチマークを使用して、構成された標準に対するオブジェクトのコンプライアンスを判断できます。詳細については、コンプライアンスの構成を参照してください。

パフォーマンスの最適化

ワークロード最適化により、データセンターまたはカスタム データセンター内のデータストア クラスタ間で、仮想コンピューティング リソースおよびそのファイル システムが動的に移動します。詳細については、ワークロード最適化の構成と使用を参照してください。

キャパシティの最適化

vRealize Operations Cloud でのキャパシティ最適化は、キャパシティ概要、ワークロードのバランシングおよび最適化、低使用率リソースの再利用、what-if 予測シナリオなどの統合された強力な機能を使用して実現され、最適なシステム パフォーマンスを達成しています。詳細については、管理対象環境のキャパシティ最適化を参照してください。

vRealize Operations Cloud を使用した問題のトラブルシューティング

vRealize Operations Cloud を使用すると、お客様が提起した問題の解決、お客様が問題をレポートする前に問題を特定するアラートへの対処、および環境の全体的な監視が可能になります。詳細については、vRealize Operations Cloud を使用した管理対象環境でのオブジェクトのトラブルシューティングを参照してください。

対象者

この情報は、vRealize Operations Cloud の管理者、仮想インフラストラクチャの管理者、および管理対象環境内におけるオブジェクトのパフォーマンスの追跡と保守を行う運用エンジニアを対象としています。