What-If 分析 - 移行プランニングにより、異なる VMware クラウド間でワークロードを移行または移動する計画を評価できます。VMware Cloud for Amazon Web Services (AWS)、Azure VMware Solution (AVS)、Google Cloud VMware Engine (GCVE) 全体のワークロードのキャパシティとコストを比較できます。 vRealize Operations Cloud は、移行計画を評価し、コストとキャパシティの要件を計算し、選択した VMC ワークロードのコスト見積もりを提供します。

What-if 分析 - 移行プランニングを確認できる場所

[ホーム] 画面の左側のペインで、[キャパシティの最適化] の下にある [What-If 分析] を選択します。[移行プランニング: VMware Cloud] で、[移行の計画] をクリックします。

What-if 分析 - 移行プランニングの仕組み

What-if 分析の機能であるキャパシティの最適化を使用すると、VMware Cloud on AWS、Azure VMware Solution、Google Cloud VMware Engine などの VMware Cloud インスタンスにワークロードを移行した場合の影響を正しく予測できます。[移行プランニング] 画面を選択したら、VMware Cloud on AWS か、それ以外のクラウド アカウントのどちらを使用してシナリオを実行するかを選択します。VMware Cloud の場合、ワークロードを移行するリージョンを選択します。

ワークロード移行のプロファイルを設定したら、シナリオを実行し、プランの分析と評価を行います。移行計画のコストを見積もるために一度に選択できる VMware Cloud は 1 つのみです。代わりに、後で編集または実行するためにシナリオを保存することもできます。保存済みシナリオのリストは、[What-If 分析] ページの [保存済みシナリオ] タブで確認できます。

シナリオに VMware Cloud on AWS を選択した場合、結果には、VMware Cloud on AWS の評価と VMware 構成の詳細が表示されます。また、オンデマンド サブスクリプションでのリソース使用率レベルのコストと月次購入費も表示されます。さらに、1 年間および 3 年間のサブスクリプションでのリソース使用率レベルのコストと月次購入費が表示されます。

クラウドについて

システムにより、別の VMware Cloud にワークロードを配置する場合のコストに基づいて推奨事項が表示されることもあります。このコストに基づく推奨値は、別々のクラウドで異なります。

VMware Cloud on AWS では、システムにより、リソース使用率レベルのコストとオンデマンド サブスクリプションの月次の購入コスト、および 1 年間および 3 年間のサブスクリプションでのそれらのコストが表示されます。

VMware Cloud のコストは、選択された構成に、つまり割り当てられたリソースに基づきます。