クラウド プロキシのトラブルシューティング手順は、vRealize Operations Cloud で発生する可能性のある問題を簡単に解決するのに役立ちます。

トラブルシューティングを続行する前に、クラウド プロキシに関する FAQを参照してください。

インストールまたは初回起動の失敗

To verify the issue, check if /var/log/firstboot contains a file named "Succeeded".

含まれていない場合、以下の問題により、vRealize Operations Cloud インストールや初回起動が失敗する可能性があります。

  1. Cloud Proxy のデプロイ中に使用された OTK が無効です。確認するには、cloud proxy コンソールをチェックします。

    解決方法:cloud proxy を再デプロイします。

  2. Cloud Proxy 仮想マシンの一部のパーティションの容量が不足します - インストールが失敗し、「パーティションの容量がありません」というエラー メッセージが表示されます。

    解決方法:VMware サポートにお問い合わせください。

クラウド プロキシ仮想マシンは実行中であるが、vRealize Operations Cloud ではステータスがオフラインになっている

接続を確認するには、次のコマンドを使用します(コマンドの完全なリストについては、 クラウド プロキシ コマンドライン インターフェイスの使用を参照してください)。
# Overall status of cloud proxy:cprc-cli -s

# Ping itself:
ip addr
ping <address>


# Ping gateway:
ip route
ping <gateway>

# Verify the connection outside the cloud proxy,
ping 8.8.8.8

Note: If you are using a network proxy, 
use the /opt/vmware/share/vami/vami_config_net option#5 command 
to ensure you have the correct configuration for the testings.

次の問題が発生すると、vRealize Operations Cloudcloud proxy のステータスがオフラインと表示される可能性があります。

  1. クラウド プロキシ構成のネットワーク プロキシ情報が正しくありません。
    ネットワーク プロキシを経由する接続を確認するには、以下を使用します。
    curl -vvv --proxy http(s)://proxy_user:proxy_pass@proxy_ip:proxy_port -H 'Accept: application/json' -H 'Content-Type: application/json' -X GET https://<gateway url>/casa/security/ping (gateway url example - 10238.gw.dev.vrops-ops.com)
     
    To ignore SSL validation for a proxy server, 
    use curl --proxy-insecure. With SSL validation the customer can provide Proxy Server certificate during cloud proxy deployment or re-configuration 
    so that provided certificate from customer can be used to check the connection with curl with SSL certificate validation.
    解決方法:
    1. Cloud Proxy 仮想マシンに SSH 接続し、connectretry/storage/db/vmware-vrops-cprc/configuration/cprc.configuration0 に設定して、Cloud Proxy が接続を再試行するようにします。
    2. Cloud Proxy 仮想マシンをシャットダウンします。
    3. vApp オプションの 仮想マシンのOVF の詳細の編集 を使用して、vCenter Server 仮想マシン オプションからネットワーク プロキシ構成を更新します。
    4. Cloud Proxy 仮想マシンを起動します。
  2. ファイアウォール設定が正しくありません。
    外部 URL へのアクセスを確認するには以下を実行します。
    # For URLs to whitelist, please refer to the prerequisite section in vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成.
    
    # ping s3-us-west-2.amazonaws.com
    
    # The Amazon vRealize Operations Cloud instance can be found in this file: cat $VCOPS_BASE/user/conf/collector/collector.properties
    
    # Example row ttpRelayServerURL=https://10027.gw.staging.vrops-ops.com/suite-api
    wget <ttpRelayServerURL>
    解決方法:
    1. Cloud Proxy 仮想マシンに SSH 接続し、/storage/db/vmware-vrops-cprc/configuration/cprc.configurationconnectretry0 に設定して、Cloud Proxy が接続を再試行するようにします。
    2. Cloud Proxy 仮想マシンをシャットダウンします。
    3. vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成の前提条件セクションに記載されているホワイトリスト URL。
    4. Cloud Proxy 仮想マシンを起動します。
  3. 必要なポートが開いていません。
    確認するには以下を実行します。
    openssl s_client -showcerts -connect {address}:443
     
    curl -v telnet://{address}:443
    
    # Or, change the address to the machine you want to check: 
    python -c "import socket; print(socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM).connect_ex(('127.0.0.1', 443)))"
    
    # If you get a !=0 response, the server is not listening to the port.
    解決方法:
    1. Cloud Proxy 仮想マシンに SSH 接続し、/storage/db/vmware-vrops-cprc/configuration/cprc.configurationconnectretry0 に設定して、Cloud Proxy が接続を再試行するようにします。
    2. vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成 の「前提条件」セクションの記載に従ってポート アクセスを指定します。
    3. Cloud Proxy 仮想マシンを起動します。
  4. 無効な証明書です。
    確認するには以下を実行します。
    openssl s_client -showcerts -connect {address}:443
    解決方法:
    1. Cloud Proxy 仮想マシンに SSH 接続し、/storage/db/vmware-vrops-cprc/configuration/cprc.configurationconnectretry0 に設定して、Cloud Proxy が接続を再試行するようにします。
    2. VMware ナレッジベースの記事KB83698に記載されている手順に従います。
  5. /storage/log ログ フォルダのパーティション領域が不足しています。

    解決方法:ログ ファイルを削除して、十分な空き容量を確保します。これは例外的なケースであることに注意してください。通常の状況では、ログ ファイルは自動的にアーカイブされます。

  6. httpd-north.servicehaproxy.servicecollector.service のサービスの 1 つ以上が停止しています。
    解決方法:
    • systemctl status <service name> コマンドを実行して、サービスのステータスを確認します。
    • サービスを開始するには、systemctl start <service name> コマンドを使用します。
  7. OTK の有効期限が切れました。

    解決方法:新しい OTK を使用して Cloud Proxy を再デプロイします。

クラウド プロキシがオンラインで、クラウド アカウントの状態は Collecting であるが、ステータスは Object Down である

次の問題がある場合、vRealize Operations Cloud にはクラウド アカウントの状態が Collecting と表示されるのに対し、ステータスは Object Down になっていることがあります。

  1. アカウントの認証情報が正しくありません。

    解決方法:クラウド アカウントの設定時に使用した認証情報を確認し、更新します。

クラウド プロキシのステータスが Going Online で停止する

cloud proxy は、初回起動時に登録してオンラインにするまで最大で 20 分かかることがあります。指定時間の間待機してから、クラウド プロキシがオンラインになるかどうかを確認します。それでもオンラインにならない場合は、httpd-north.servicehaproxy.servicecollector.service のうち、1 つ以上のサービスがダウンしています。

解決方法:
  1. systemctl status <service name> コマンドを実行して、サービスのステータスを確認します。
  2. サービスを開始するには、systemctl start <service name> コマンドを使用します。

vRealize Operations Cloud のアップグレード後、クラウド プロキシが自動的にアップグレードされない

vRealize Operations Cloud のアップグレード後にクラウド プロキシが自動的にアップグレードされない理由はいくつか考えられます。

  1. ネットワーク遅延が大きいと、PAK のダウンロードに失敗します。500 ミリ秒を超える遅延はサポートされていません。

    解決方法:CLI を使用してクラウド プロキシを手動でアップグレードする方法については、VMware ナレッジベースの記事KB80590を参照してください。

  2. 前のアップグレードが失敗したため、アップグレード ステータスが Running で停止しています。
    解決方法:次の手順に従って、アップグレード ステータスを変更します。
    1. CaSA サービス systemctl stop vmare-casa.service を停止します。
    2. 次のファイルで、アップグレード ステータスを RUNNING から NONE に変更します。
      ./storage/db/vmware-vrops-cprc/status/cprc.upgrade.status
      ./storage/db/vmware-vrops-cprc/status/cprc.pak.status
    3. VMware ナレッジベースの記事KB80590を参照して、手動アップグレードを実行します。

クラウド プロキシが定期的に切断される

これは、DNS 解決失敗に関連する既知の制限です。VMware サポートにお問い合わせください。