以下は VMware Cloud on AWS からの vRealize Operations Cloud のアクティベーションでの既知の制限事項です。

  • ほぼリアルタイムの監視は、初期設定で使用することはできません。必要な場合は、有効化の方法について VMware サポートに確認します。
  • アプリケーション監視は、初期設定で使用することはできません。必要な場合は、回避策について VMware サポートに確認します。
  • サービス検出はサポートされていません。
  • SDDC Health Management Pack はサポートされていません。
  • 管理パックは、初期設定で使用することはできません。回避策として、個別のクラウド プロキシをインストールし、管理パック用に構成します。
  • VMC の課金および構成制限の変更機能は、初期状態ではサポートされません。

    VMC の請求を有効にして構成の制限を変更するには、[管理] > [ソリューション] > [クラウド アカウント] の順に移動して自動構成された VMC アカウントを選択することで、デフォルトの VMC 認証情報をCSP 更新トークンを含む新しい認証情報に置き換えます。

  • SDDC 検出は、初期設定で使用することはできません。これを有効にするには、前述のようにデフォルトの VMC 認証情報を置き換えます。
  • vRealize Operations Cloud が、SDDC が配置されている場所に関係なく、米国西部リージョンでサポートされます。

メモ

  • 指定した組織に vRealize Operations Cloud サービスがすでに存在する場合、アクティベーションは vRealize Operations Cloud のそのインスタンスに関連付けられ、新しい評価期間は開始されません。
  • vRealize Operations Cloud のアクティベーションには最大で 90 分かかります。セットアップが完了するまでの間、タイルにはスピナーが表示されます。
  • 組織で、vRealize Operations Cloud が VMC ユーザー インターフェイスから SDDC に対して有効になっている場合、検出された SDDC の他の監視については同一のアクティベーション フローに従う必要があるため、検出された SDDC の監視用にクラウド プロキシを手動で構成することはできません。