vRealize Orchestrator Appliance を使用できるようにするには、ホストの設定および認証プロバイダを構成する必要があります。vRealize Automation で認証するように vRealize Orchestrator を構成できます。vRealize Automation 8.x で vRealize Automation 認証を使用します。

前提条件

  • vRealize Orchestrator Appliance の最新バージョンをダウンロードして導入します。『vRealize Orchestrator Appliance のダウンロードと展開』を参照してください。
  • vRealize Automation 8.x をインストールおよび構成し、vRealize Automation サーバが実行されていることを確認します。vRealize Automation のドキュメントを参照してください。
クラスタを作成するには、次の操作を実行します。

手順

  1. コントロール センターにアクセスして、構成ウィザードを開始します。
    1. https://your_orchestrator_FQDN/vco-controlcenter に移動します。
    2. OVA の展開時に入力したパスワードを使用して root としてログインします。
  2. 認証プロバイダを構成します。
    1. [認証プロバイダを設定] 画面で、[認証モード] ドロップダウン メニューから [vRealize Automation] を選択します。
    2. [ホスト アドレス] テキスト ボックスに vRealize Automation のホスト アドレスを入力し、[接続] をクリックします。
      vRealize Automation ホスト アドレスの形式は、https:// your_vra_hostname にする必要があります。
    3. [証明書を承諾] をクリックします。
    4. vRealize Orchestrator を構成する vRealize Automation 組織の所有者の認証情報を入力します。[登録] をクリックします。
    5. [変更を保存] をクリックします。
      設定が正常に保存されたことを示すメッセージが表示されます。

結果

これで、vRealize Orchestrator サーバの構成が正常に完了しました。

次のタスク

  • [CSP][ライセンス] 画面で構成されたライセンス プロバイダであることを確認します。
  • [設定を検証] ページで、ノードが正しく構成されていることを確認します。
    注: 認証プロバイダの構成に従って、 vRealize Orchestrator サーバは 2 分後に自動的に再起動します。認証直後に構成を確認すると、無効な構成ステータスが返される可能性があります。